• 東京都
  • 千代田区
  • 共学
  • 普通科

日比谷高等学校

ひびや

03-3581-0808

〈進学指導重点校〉

このページは旺文社『2021年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2019年12月~2020年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

日比谷高校の学校情報

沿革
1878年、東京府立第一中学として誕生。1929年に日比谷公園の隣から現在の永田町に校舎を移す。1978年に創立100周年を機に校舎の全面改築が始まり、4年後に現在の校舎が完成。2018年、創立140周年を迎えた。
生徒数
男子 506名   女子 462名  
所在地
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-16-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
地下鉄丸ノ内線・銀座線赤坂見附駅から徒歩5分、有楽町線・半蔵門線・南北線永田町駅から徒歩8分、銀座線・丸ノ内線・千代田線・南北線国会議事堂前駅または溜池山王駅から徒歩7分。
学校情報
日本の中枢・永田町に位置する創立142年の伝統校。卒業生は3万人を超え、各界に多くの著名人を輩出。「知の日比谷」をスローガンに文武両道の理念、良き伝統及び自主・自律の校風を継承し、21世紀のグローバル社会をたくましく切り拓くリーダーを育てる。都心にあるにもかかわらず、緑に恵まれた好環境。校舎の側面はレンガタイル張り。

カリキュラム 2学期制。45分・7~9時限、週39時間授業。45分授業でありながら、50分授業と同様の密度の濃い授業が行われる。3年次から文類型・理類型に分かれる。豊富な科目から最大5科目を選択できる。2年次の数学は習熟度別授業。東京都教育委員会の東京グローバル10指定校で、夏にボストン・ニューヨーク海外研修あり。東京大学、東京医科歯科大学と高大連携授業を実施している。
クラブ活動 同好会を含めて、文化部16、運動部17。音楽部は合唱班とオーケストラ班がある。棋道部は将棋・囲碁・チェスが活動の中心。2019年度、全国高文祭将棋部門の東京都代表。雑草研究部というユニークな部やSSH高大連携プログラムを行う化学研究部、海外の高校との交流も行う物理地学研究部もある。バドミントン部、剣道部、水泳部も活躍中。
イベント 星陵祭、合唱祭(6月)、英語スピーチコンテスト、柔剣道大会などの行事がある。臨海教室、夏山キャンプ、スキー教室は希望者対象の伝統行事。2019年度の修学旅行は2年次の3月。行き先は京都・奈良。
施設設備 学校に隣接する星陵会館、千葉勝山寮がある。
見学ガイド (2019年) 文化祭9月。学校説明会を10・11・3月に計3回、見学会を7・8月に5日間計10回。入試相談会も12月に2回実施。学校見学は事前連絡が必要で、随時受け付けた。

ワンポイント情報

●三大行事の体育大会、合唱祭、星陵祭(文化祭)はすべて前期に実施。
●後期は教科学習に集中する。
●スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定継続14年目で、野外実習や海外派遣の充実を図っている。
●第2外国語は、ドイツ語、フランス語、中国語、ハングルから選択する。
●制服がある。


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

日比谷高校の学校情報に戻る

 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?