• 東京都
  • 立川市
  • 共学
  • 普通科

立川高等学校

たちかわ

042-524-8195

〈進学指導重点校〉

このページは旺文社『2019年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

立川高校の学校情報

沿革
1901年、東京府立第二中学校として開校。1943年、東京都立第二中学校に、1948年、東京都立第二新制高等学校となる。1950年、現在の校名になる。2002年進学指導重点準備校に、翌年進学指導重点校となる。
生徒数
男子 507名   女子 453名  
所在地
〒190-0022 東京都立川市錦町2-13-5   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR中央線・南武線・青梅線立川駅から徒歩8分。多摩都市モノレール柴崎体育館駅から徒歩6分。多摩都市モノレール立川南駅から徒歩6分。
学校情報
創立117年目の伝統校。多摩地区はもちろん、日本、さらには世界で活躍する人材を多数輩出してきた。自主・自律の精神を培う教育を実践している。同窓会「紫芳会」の人的ネットワークを活用し、総合的な学習の時間などに卒業生を講師とする講演会を行うなど、キャリア教育の充実を図っている。定時制課程を併置。

カリキュラム 3学期制。50分、6時限・週32時限授業。加えて年20回、土曜日授業(4時限)を実施。2018年度、「主体的・対話的で深い学び」を目指しカリキュラムを変更。2・3年次はSSHクラス設置を予定。また3年次の一般クラスは文系・理系に分かれる。1・2年次は全員が共通科目で学習し、理科の基礎科目(物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎)のすべてを学習する。国語・英語・数学・化学で習熟度別授業または少人数授業を行っている。
クラブ活動 文化部16、運動部19、同好会7。陸上競技部、バドミントン部、水泳部が活躍。日本学生科学賞・奨励賞受賞の化学部のほか、ESS、文芸部、吹奏楽部なども活発に活動。
イベント 館山の同窓会施設「清明寮」での1年生全員参加の臨海教室あり。遠泳を泳ぎきることで「真の立高生」になる。合唱祭も伝統行事で全クラスがア・カペラで参加。他に演劇コンクールも実施している。2017年度の修学旅行は、2年次の12月に実施され、行き先は関西方面だった。
施設設備 建物は全面タイル張り。6階の屋上に天体ドームがある。
見学ガイド (2017年) 文化祭9月。学校説明会10・11月に各1回実施。授業公開は6~11月に計3回。部活動体験は8月に2日間。入試問題説明会(7月)・入試問題体験会(12月)も実施した。学校見学は事前連絡を必要とした。

ワンポイント情報

●リベラルアーツ(一般教養)を深める全人教育に力を入れている。
●英検を実施している。
●カウンセリングルームがあり、週に1回、カウンセラーが来校する。
●上履きが不要。
●プラネタリウムのある視聴覚教室、階段教室の理科講義室など、各種特別教室が整っている。
●制服はない。


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




立川高校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

一日の平均睡眠時間は?【受験生に質問】