• 東京都
  • 品川区
  • 共学
  • 中学
  • 高校

青稜高等学校

せいりょう

03-3782-1502

このページは旺文社『2019年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

青稜高校の学校情報

難関大への進学にきめ細かく対応。教育環境も充実
校長名
平野 敏政
沿革
1938年、青蘭商業女学校設立。1995年、現校名に変更。1997年、共学となる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:143 名  女:148 名  (9クラス<30~34名>)
2 年 男:195 名  女:152 名  (10クラス<29~40名>)
3 年 男:209 名  女:179 名  (11クラス<29~40名>)
所在地
〒142-8550 東京都品川区二葉1-6-6   Googleマップを表示する
最寄り駅
東急大井町線「下神明」駅下車、徒歩1分。JR京浜東北線・りんかい線「大井町」駅下車、徒歩7分。JR横須賀線「西大井」駅下車、徒歩10分。

一週間の授業

英-6 数-6 国-5 理-4 地歴-2 公民-2 

1年次の場合。


カリキュラム 2期制。カリキュラムは、国公立大や私立大理系進学に対応するため進度を速め、問題演習に時間をかけるとともに、難関大突破を前提に各種の副教材を活用。2年次から文系・理系に分かれ、さらに国公立大系、私立大系ごとに選択科目を履修。2年次から主要5教科を中心に習熟度別授業が行われる。
クラブ活動 運動部15部、文化部15部、同好会5。ボウリング、吹奏楽、ソフトテニス、バスケットボールなどが活躍。ほかにジョギング、マイコン、鉄道自動車など。
イベント 6月に体育祭、9月に青稜祭。修学旅行は2年次の11月に沖縄へ。ニュージーランド英語研修(1・2年次、2週間)やセブ島英語研修、カナダ・オーストラリアへの海外短期留学制度(すべて希望者)がある。
施設設備 新校舎は、CAI教室、多目的ホール、スタジオ、和室、40席の自習室がある図書館、理科実験室、調理室など、最新の設備が充実。

ワンポイント情報

●内部進学生とは2年次から混合クラス。●経済的援助が必要な場合、独自の奨学金制度がある。●定期試験前の月曜日の放課後は「質問の日」。先生はきめ細かく「個別指導」する。●総合学習は、全学年週1時間。1・2年次は国際理解、3年次は進路指導を行う。
【募集要項】2018年度用は8月から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話・HP等で申し込む。

スクール情報早見表

一浪受け入れ 帰国生受け入れ
転入生受け入れ 制服着用
カウンセラーがいる 土曜授業
アルバイト認める 頭髪きまり
海外研修 語学研修 特待
バイク 弁当持参

登校 8:20 下校 19:00

帰国生は優遇、一般入試の合計点に10点加算する。特待生は入学金と1年間の授業料が免除される。翌年以降は成績等により再審査。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。パーマ・染髪などは禁止。学期に1回、服装・髪型の指導を行う。緊急時、保護者に緊急メールを配信。登下校メールも配信(希望者)。

説明会

(2019年入試)10月から4回行う予定。学校見学は随時可(事前連絡は不要)。


青稜高校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
セブ島英語研修、海外短期留学、イギリス英語研修<2018/01/15掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
放課後講習、長期休暇中特別講習、入試直前対策、質問の日、サテライト講習<2018/01/11掲載>

■入試情報
2017年度入試より、帰国生入試実施予定(平成28年12月22日予定)<2016/04/13掲載>


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




青稜高校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】