• 神奈川県
  • 藤沢市
  • 共学
  • 高校

鵠沼高等学校

くげぬま

0466-22-4783

このページは旺文社『2021年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2019年12月~2020年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

鵠沼高校の学校情報

創立95年の伝統。勉強と部活動との両立を目指す
校長名
今井 正男
沿革
1925年、平塚市に家政女塾として創立。2004年、共学校となり、現在の校名に改称。2015年、創立90周年を迎えた。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:86 名  女:187 名  (8クラス<30~40名>)
2 年 男:85 名  女:185 名  (8クラス<30~40名>)
3 年 男:137 名  女:228 名  (11クラス<30~40名>)
所在地
〒251-0031 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷4-9-10   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR東海道線・小田急線「藤沢」駅下車、徒歩15分。江ノ島電鉄「柳小路」駅下車、徒歩1分。

一週間の授業

英-6 数-5 国-5 理-6 地歴-4 

文理コース1年次の場合。英語コースの英は13時間。


カリキュラム 3学期制。生徒一人ひとりの夢と個性に応える3コース制。英語コースは英語教育に比重を置き、グローバル社会で活躍する人材を育成。1年次の3月上旬から1か月間行われるカリフォルニア大学での語学研修が必修。理数コースは理数教育に比重を置き、科学的論理的思考力を養う。文理コースは各自の進路希望に合わせて2年次から文系・理系に分かれ、進路に沿った科目を履修。
クラブ活動 運動部10部、文化部15部。バドミントン部、バスケットボール部女子、陸上競技部がインターハイ出場。マーチングバンド部は1956年創部の伝統・実力クラブ。
イベント 3大行事として合唱コンクール(6月)、体育祭(7月)、鵠輝祭(学校祭、9月)。ほかに新入生歓迎会(4月)、芸術鑑賞会(11月)、球技大会(1月)など。2年次の10月に修学旅行としてオーストラリア研修。また、希望者は夏休みにイングリッシュキャンプ、冬休みにイギリスでの研修に参加できる。

ワンポイント情報

●1・2年次は完全週6日制、3年次の土曜日は進学選択授業があり、個々にスケジュールが異なる。●英語・理数コースの1・2年次は週3日(月~水)7限授業を行う。●英語コース1年次の英語は週13時間(ネイティブの講師による「英語表現Ⅰ」を含む)。
【募集要項】2020年度用は9月7日の学校説明会・学校窓口で配布(無料)。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話で申し込む。

スクール情報早見表

一浪受け入れ 帰国生受け入れ
転入生受け入れ 制服着用
カウンセラーがいる 土曜授業
アルバイト認める 頭髪きまり
海外研修 語学研修 バイク
奨学金制度 弁当持参

登校 8:35 下校 19:00

7時45分から早朝講習(希望者)を実施。転・編入は欠員が生じた場合のみ。制服代は男子60,150円、女子57,770円。カバンは指定。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。アルバイトは長期休暇中のみ許可制。染髪・脱色・パーマは禁止。パン・軽食などの販売がある。


鵠沼高校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■災害・地震対策
・防災ヘルメットを机の横に置いています(避難訓練時、着用して実施します) ・食料やトイレ、毛布など数日宿泊できるように備蓄しています。<2020/03/04掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
・定期試験の成績がふるわない下位20名に早朝、補習授業を行っています。(1年次)英語 ・定期試験の成績がふるわない生徒数十名に放課後、補習を行います。(1、2年次)数学<2020/03/02掲載>

鵠沼高校の公式HPを見る

http://kugenuma.ed.jp


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

鵠沼高校の学校情報に戻る

 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 鵠沼高校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?