• 神奈川県
  • 相模原市
  • 女子
  • 中学
  • 高校
  • 短大
  • 大学

相模女子大学高等部

さがみじょしだいがく

042-742-1442

このページは旺文社『2019年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

相模女子大学高等部の学校情報

特進・進学の2コース制。豊富な演習科目で実力養成
校長名
竹下 昌之
沿革
1900年創立の日本女学校が母体。1949年、相模女子大学が発足。1950年、相模女子大学高等学校、同中学校となり、1951年、現校名に改称。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 女:355 名  (10クラス<32~39名>)
2 年 女:342 名  (9クラス<36~39名>)
3 年 女:296 名  (9クラス<31~35名>)
所在地
〒252-0383 神奈川県相模原市南区文京2-1-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
小田急線「相模大野」駅下車、徒歩10分。

一週間の授業

英-6 数-5 国-4 理-4 地歴-4 

進学コース1年次の場合。


カリキュラム 3学期制。特進、進学の2コース制。2年次から特進文系・理系と進学文系・理系の4コース制。特進は、国公立大・難関私立大合格を目指す。数学は2年間、習熟度別授業。勉強合宿(特進全員参加、進学希望制)、土曜講座、小論文対策模試、学内予備校など、さまざまなサポートで難関大学受験に対応。
クラブ活動 ソフトテニス、スキー、バトントワーリングなど運動部16部、全国大会グランプリ受賞の軽音楽や吹奏楽など文化部が19部。
イベント 相生祭(11月)は大学から幼稚部まで合同の文化祭。体育祭(9月)は公開。修学旅行はニュージーランド(2年次の6月、6日間)。ほかに球技大会、スキー教室など。
施設設備 17万㎡の広大な敷地に大学から幼稚部まであり、施設・設備が充実。情操教育が盛んで、文化ホール、各芸術室、陶芸室、茶室(返照庵)も完備。図書室棟には、チューター付き自習室、PC教室などがある。

ワンポイント情報

●内部進学生とは3年間別クラス(特進は混合)。●特進コースは、火・木曜日は7時間授業。●茶道教育(週1時間)で作法・礼法を学ぶ。●音楽でバイオリン、美術で陶芸などを学ぶ。●他大学を第一志望、相模女子大を第二志望とする場合、確約併願制度を利用できる。●コース変更は可能だが、条件がある。
【募集要項】2018年度用は9月1日から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話・Eメール等で申し込む。

スクール情報早見表

一浪受け入れ 帰国生受け入れ
転入生受け入れ 制服着用
カウンセラーがいる 土曜授業
アルバイト認める 頭髪きまり
海外研修 語学研修 食堂利用可
バイク 奨学金制度

登校 8:25 下校 19:00

制服代、カバン・靴などの指定品代は約74,000円。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。パーマ、染髪は禁止。学期に2回、服装・髪型指導。夏休みにカナダ留学体験研修(23日間)、オーストラリア語学研修(2週間)で、グローバルな視野を広める(希望者)。パン・軽食などを販売している。


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




相模女子大学高等部の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】