• 神奈川県
  • 川崎市
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 大学

法政大学第二高等学校

ほうせいだいがくだいに

044-711-4321(代)

このページは旺文社『2021年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2019年12月~2020年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

法政大学第二高校の学校情報

出会い、向き合い、「自分」をつくる
校長名
北詰 昌敬
沿革
1939年、法政大学の付属中学として創立。1948年、法政大学第二高等学校発足。2016年、共学。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:374 名  女:251 名  (14クラス<44~45名>)
2 年 男:411 名  女:242 名  (15クラス<43~44名>)
3 年 男:411 名  女:205 名  (14クラス<40~45名>)
所在地
〒211-0031 神奈川県川崎市中原区木月大町6-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR南武線・JR横須賀線・東急東横線・東急目黒線「武蔵小杉」駅下車、徒歩10~15分。

一週間の授業

英-6 数-4 国-5 理-5 地歴-2 公民-2 

1年次の場合。


カリキュラム 3学期制。週6日制・34時間のカリキュラムの指導体制を確立。1・2年次は共通クラスで全教科を等しく学ぶ。3年次は進路希望に応じ、文系・理系クラスに分かれ、多様化する進路要求にきめ細かく対応。各教科とも体験や実験、調査、レポート、討論、発表を重視し、創意的で多様な学習に取り組む。
クラブ活動 運動部30部、文化部20部。ハンドボール、陸上、フェンシング、硬式・軟式野球、アメリカンフットボール、ボート、バドミントンなどが全国大会に出場の実績。
イベント 2年次の修学旅行(12月)では沖縄の自然・文化・歴史などを学習する。新入生合宿(4月)、体育祭(6月)、二高祭(10月)、プレゼンテーション大会(3年次)など。
施設設備 中高同時共学化にともない、2017年4月、グラウンドを含めた全キャンパスの整備が完了。シンボルである時計塔校舎を中心に最新のICT機器を導入した教室や冷暖房完備の体育館など充実した施設が立ち並ぶ。

ワンポイント情報

●内部進学生とは1年次から混合クラス。●経済的援助が必要な場合、独自の奨学金制度が2種類ある。●3年次の選択授業(2科目)は大学のゼミのような授業で、広く深く学習する。●月・火曜日は7時限(1・2年次、基礎講座)。●朝0限(20分)はリスニングを中心とした英語学習に取り組む。
【募集要項】2020年度用は9月2日から学校説明会で配布した。

スクール情報早見表

一浪以上受 帰国生受け入れ
転入生受け入れ 制服着用
カウンセラーがいる 土曜授業
アルバイト認める 頭髪きまり
海外研修 語学研修 食堂利用可
バイク 奨学金制度

登校 8:15 下校 18:30

冬の下校時刻は17時30分。帰国生は優遇(合否判定で若干考慮)。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。アルバイトは届出により許可。頭髪はパーマ、染髪など禁止。夏期カナダ研修、ニュージーランド長期留学制度など(希望者)。パン・軽食等も販売。


法政大学第二高校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
短期・長期の留学生を受け入れている。また、留学帰国生のプレゼンテーション大会を行っている。<2020/03/04掲載>

■災害・地震対策
年に、避難訓練3回、防災訓練を1回行う。<2020/03/04掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
英・数のみ高1、2で成績未到達者を対象に補習を週1回行う。<2020/03/02掲載>

法政大学第二高校の公式HPを見る

http://www.hosei2.ed.jp/


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

法政大学第二高校の学校情報に戻る

 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 法政大学第二高校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?