• 東京都
  • 世田谷区
  • 男子
  • 中学
  • 高校
  • 大学

筑波大学附属駒場高等学校

つくばだいがくふぞくこまば

03-3411-8521

お知らせ
編集部ブログにて、「筑波大学附属駒場中・高等学校文化祭『織糸』」を掲載中!

このページは旺文社『2019年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

筑波大学附属駒場高校の学校情報

自由、自主、自律の気風。全国有数の進学実績
校長名
林 久喜
沿革
1947年、東京農業教育専門学校附属中学校設立。1952年、東京教育大学附属駒場高等学校、1978年、筑波大学附属駒場高等学校になる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:163 名  (4クラス<40~41名>))
2 年 男:163 名  (4クラス<40~41名>))
3 年 男:164 名  (4クラス<41名>))
所在地
〒154-0001 東京都世田谷区池尻4-7-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
京王井の頭線「駒場東大前」駅下車、徒歩7分。東急田園都市線「池尻大橋」駅下車、徒歩15分。

カリキュラム 3学期制。スーパーサイエンスハイスクール指定校。社会のトップリーダーを育てる教育の実験的実践を課題とした学校創りが特色。1年次主要5教科の1週間の時間数は、英5、数5、国4、理4、地歴4。隔週土曜に登校(総合学習、行事等)。各種大会やコンクールで数多くの実績があり海外に派遣された生徒もいる。
イベント 学校行事は多彩。1年次の水田学習はユニーク。学校近くのケルネル水田で田植えから収穫、餅つきまでを行う。ほかに校外学習(5月、2年次は関西地域研究)、音楽祭(6月)、体育祭(9月)、文化祭(11月)、文楽鑑賞教室(2年次)、ロードレースなど。

ワンポイント情報

中高一貫教育の中で自由闊達の校風のもと、挑戦、創造、貢献する生き方をめざす。伝統的に自由な校風を受け継ぎ、生徒の自主性を尊重。
登校時刻は8時20分。制服はない。禁止条項は少ない。クラブは駒場棋院(囲碁)、演劇、山岳、陸上など25部。


※転入生は欠員があれば受け入れる。※2018年度用の募集要項は10月12日から学校窓口で配布した(無料)。


筑波大学附属駒場高校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■災害・地震対策
・防災、避難訓練実施 ・耐震構造 ・救命救急訓練 ・Jアラート等受信可<2019/03/01掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
海外提携校と交流<2019/03/01掲載>


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




筑波大学附属駒場高校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 筑波大学附属駒場高校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校を決める際、何を一番重視しますか?