• 埼玉県
  • 坂戸市
  • 共学
  • 高校
  • 大学

筑波大学附属坂戸高等学校

つくばだいがくふぞくさかど

049-281-1541

このページは旺文社『2020年度入試用高校受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2018年12月~2019年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。

筑波大学附属坂戸高校の学校情報

多様な科目選択。オリジナルの「時間割」で学習
校長名
田村 憲司
沿革
1946年、組合立坂戸実務学校として設立。1953年、国立に移管、東京教育大学附属坂戸高校。1978年、筑波大学附属坂戸高校となる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:66 名  女:96 名  (4クラス<40名>)
2 年 男:83 名  女:76 名  (4クラス<40名>)
3 年 男:74 名  女:90 名  (4クラス<40名>)
所在地
〒350-0214 埼玉県坂戸市千代田1-24-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
東武東上線「若葉」駅下車、徒歩約8分。

カリキュラム 3学期制。50分・6時限授業。1年次の「産業社会と人間」(必修)は、様々な体験学習、発表・討論を通して生き方や進路について学習する。
クラブ活動 クラブは体育部13部、文化部7部、同好会1。自転車、女子ハンドボール、男子テニス、演劇が活躍。
イベント 行事はコミュニケーションキャンプ、体育祭、黎明祭(文化祭、9月)、筑波大実習(農場実践)、球技大会、マラソン大会、野外活動など。
海外研修 国立では珍しい「総合科学科」を設置。個性や主体性を重視し、2・3年次は多様な選択科目の中から自分の進路やニーズに合った科目を選び、自分で作った時間割に沿って学ぶ。3年次に「卒業研究」があり、大学や機関の協力を得て研究の質を高める。SGクラスは海外研修や課題研究に積極的に取り組む。国際バカロレア(IB)ディプロマプログラムを導入。IB生は2年次から6科目中2科目を英語で学習。東南アジア各国の高校生を招くシンポジウムは英語で行う。国際フィールドワーク、海外校外学習もある。

※既卒者も受け入れる。帰国生対象入試(SGⅡ型)がある。※2019年度用の募集要項は7月から学校説明会・学校窓口で配布した(無料)。

説明会

(2020年入試)7月から6回行う予定。学校見学は事前連絡が必要。

筑波大学附属坂戸高校の公式HPを見る

http://www.sakado-s.tsukuba.ac.jp


<高校受験を迎える方へ> おさえておきたい基礎情報

各都県の入試の仕組みや併願校の選び方など、志望校合格への重要な情報は「高校受験まるわかり」で解説しています。




筑波大学附属坂戸高校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 筑波大学附属坂戸高校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】