大岩ヒデキのExciting English!

2015-05-27英語全般

あなたは何のために英語を勉強していますか?


どうもこんにちは!今回で2回目ですね!こんなに長期連載になるなんて,ヒデキ感激です!ところで,もう私の名前は覚えてもらえたかな?このコーナーは,『大岩ヒデキ』が担当させていただいております!これから気温差が激しい季節へ突入するわけですが,体調をくずすことなく,ボーッとすることもなく,私の名前を忘れることもなく,元気に過ごしていきましょう!

さて,こういう連載で毎回一番時間をかけて書く前置きも終わったので,今回の話に進んでいこうかな(時間をかけている割に毎回同じような前置きだけどね)。今回は,英語の細かい話ではなく,日本で生活する者にとっての永遠のテーマ,「何のために英語を勉強するのか」について話してみようかなあ…と思ってます。だって,日本で生活していれば英語を使う必要ないでしょ?日本はESLではなく,EFLの国ですからね。

え?ESLとかEFLって何かって?これは,けっこうよく使う言葉だから覚えておいた方がいいよ。ESLとは「English as a Second Language(第2言語としての英語)」。つまり,英語圏ではあるが,第2言語として英語を学ぶこと(日常的に英語を使うよ)。EFLとは「English as a Foreign Language(外国語としての英語)」。つまり,英語圏ではない場所に住む人たちが,外国語として英語を学ぶことだよ(日常的には英語は使わないよ)。さっきも言ったように,日本はEFLの国なので,英語を使わなくても十分に「現在は」生活できているよね。じゃあ,英語は勉強しなくてもいいんじゃない?

…では,私から,私の考えを述べる前に質問です。「あなたは,何のために英語を勉強しているのですか?」

よ~~~~~~く考えてから,この先へ進んでね。


英語を学ぶ理由はこれだ!


「何のために英語を勉強するのか?」…その質問へ,私ならこう即答します。

「海外旅行へ行くため!!!」

もちろん,「世界で活躍するため!」「世界中に友達を作りたい!」「英語ができるとなんかシブイ!」「将来は外資系で働きたいから!」「受験のため!」「趣味ですけど?」など,人それぞれ答えは違うよね。でも,私の答えは「海外旅行へ行くため!!!」です。もちろん,ふざけているわけでも,うそをついているわけでもありませんよ。さあ,これからが私があなたへ伝えたい部分です。

英語は「ことば」。それを実感するためには,海外旅行が一番。「Hello!」と言ったら「Hello!」と笑顔で返された時の喜びは,実際に海外で使ってみないとわからないよね。だから,「まずは」海外旅行のために英語を勉強すればいいと私は思うんだよね(海外旅行は高いけど,フィリピンなど,時期を選べば国内旅行より安く行ける国もあるし,一度行けば「ことば」だって実感できると思うので,オススメだよ)。

そして,実際に海外へ行くと,もっと「自分を伝えたい」「相手を理解したい」という欲求がめちゃくちゃ高まるので,英語をより学ぶようになる。ある程度英語を学ぶと,相手をもっと理解するために,その国の文化を学び始める。その文化の違いがヒントになって,新しい仕事を思いついたり,ボランティア活動に力を入れたくなったり…と,未来がどんどん広がっていって,「結果として」世界を舞台に活躍できるんだと思うんだよね。

どうかな?もし「何のために英語を勉強するのか?」に対するあなたの答えが,「世界を舞台に活躍したいから」「世界中でボランティアをしたいから」のように,非常に大きなものであったとしても,その出発点は「海外旅行」だと私は思うんだよね。最終的なゴールは,最初の一歩の先にある。この事実は,これからも忘れないでね。

最終的なゴールを目標にかかげることももちろん大切。でも,ボクは思うんだよね。そのことと同じくらい,最初の一歩となる目標を決めることって大事なんじゃないかなって。

「海外旅行へ行くため」

これを最初の目標にして,頑張ってみない?もう行ったことがある人は,今度は自分から挨拶ができるように,今度は自分で注文ができるように,今度は自分で買い物ができるように。少しずつ目標を高くしていこうね。

さあ,調子が出てきたぞぉ!さて,次の話は…なんて思っていたら,残念ながらもうお時間が来てしまったようです。次回はあの話をしちゃおっと!!!…ということで,また来月会いましょうね!今月はここまで!お疲れ様でした!


大岩ヒデキ先生




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】