大岩ヒデキのExciting English!

2015-06-26英語全般

助動詞物語


はい、どうもこんにちは!ジメジメしてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

実は私、winter > fall > spring > summerが好きな季節の順番なので、“The last season I like is summer. ” (私が好きな最後の季節は夏です=私は夏が最もニガテな季節です)という感じです。こんな時は、弱めのクーラーがついた部屋で、大人な雰囲気で音読も悪くないですよね。

というわけで、これからの季節、ますます音読の時間が増えそうなのはワタクシ、大岩ヒデキでございます!今月もよろしくお願いいたします!


さて、「夏」が近づいてきました!夏休みになるとやることがたくさん出てくるので思うように勉強が進まないっていう人、いますよね?と言いますか、けっこうたくさんいますよね?

思うようにできないのが「時間」。だからこそ、「夏休みに何を勉強するか」を計画することももちろん大切だけど、「夏までに何を勉強しておくか」という計画・実行も、実はすごく大切なわけですね。
…ということで、今回は、今の時期にやっておくべきことをお話ししちゃおうと思います!

夏までに、この時期にこそやっておくべきこと、それは何か!?。。。ズバリ、復習です!!!

…あっ、当たり前すぎてひきました?もちろん、復習と言ってもただの復習じゃないですよ!ズバリ、中学校1年生の内容を総復習しましょう!(今、中学校1年生の人は、今まで習ったことの復習ね。まだ、小学生なら、ちょっと中学の先取りも悪くないかも。)というのはね、私、いつもは高校生に教えているんだけどね、ここ数年「中学校1年生で習うはずの知識を完全に持っていない高校生」に出会う機会が増えてきたんだよね。しかも、どちらかというと、英語は得意な感じなのに。

原因はいろいろあると思うんだけど、比較的多いのが、「all English」の授業を受けて、まだ英語に慣れる前に習った部分が「聞いたことがない」知識になっている人がいるからみたいなんだよね。中学校1年生って、けっこう大事なことを習うので、今のうちにしっかりやっておいて欲しいなと思いましてね。そんなわけで、ここでもちょっと復習タイムということで、今回は助動詞のお話を、少しだけしたいと思います。では、「助動詞物語」の始まり始まり~。


助動詞戦隊 ゲンケイ


西暦3055年、悪の帝王「ドウシシチヘンゲ」率いる悪の軍団に、動詞の国の国民たちは苦しめられていた。

Doushi-shichi-henge changes our life.(ドウシシチヘンゲは我々の生活を変えている)

「何をしている!edを運ぶのにいつまで時間がかかっているんだ!」「おい、そこのお前!運ぶのはedじゃなくてdと言ったはずだ!」「次はsを運ばせてやろうか?ムハハハハハハ!!!」…こんな苦しみがいつまで続くのだろうか?そんな国民たちの不安がまさに頂点に達したそのとき、まばゆい光とともに、国民を救うべく彼らは突然現れたのだ!!!

彼らの名は、willレッドcanブルーmayイエローshouldグリーンmustピンク!5人そろって、助動詞戦隊「ゲンケイ」!!!


ここで、彼らの専用武器を説明せねばなるまい。
willレッド専用ソード「スルダロウ」:未来を切り開く伝説のソード
canブルー専用ボーガン「スルコトガデキル」:不可能を可能にする古代のボーガン
mayイエロー専用ロッド「スルカモシレナイ」:未来を推測する魔法のロッド
shouldグリーン専用ガン「スベキダ」:守るという義務のために作られた幻の銃
mustピンク専用バズーカ「シナケレバナラナイ」:悪を100%撃退する奇跡のバズーカ


●レッド「ゲンケイがいるかぎり、ドウシシチヘンゲの好き勝手にはさせないぞ!」
Red will help the people.(レッドは国民を助けるだろう)

●ブルー「もう大丈夫!ゲンケイがいるかぎり、もう国民のみんなは何も運ばなくて大丈夫!本来の自分の仕事に専念してくれ!」
Blue can save the people.(ブルーは国民を救うことができる)

●イエロー「おい、ドウシシチヘンゲ!俺たちの武器を合体させた「ジョドウシ+ドウシノゲンケイ」キャノンをくらってみろ!」
Yellow may unite their weapons.(イエローは自分たちの武器を合体させるかもしれない)

ドウシシチヘンゲ「こしゃくな!おまえらには特別にesを運ばせてくれるわ!!!」

●グリーン「ゲンケイにそんなの効くかよ!」
Green should support his friends.(グリーンは仲間の支援をすべきだ)

●ピンク「「ジョドウシ+ドウシノゲンケイ」キャノン発射!!!」
Pink must defeat Doushi-shichi-henge.(ピンクはドウシシチヘンゲを倒さなければならない)

ドウシシチヘンゲ「グアァァァァァ!!!!!ワガハイの野望がぁぁぁ。。。」

こうして、ゲンケイの働きによって、世界の平和は守られた。助動詞戦隊ゲンケイがいるかぎり、この世にドウシシチヘンゲは栄えない!

●レッド「いいか、よいこのみんな!助動詞の後ろは動詞の原形だぞ!sとかedとかは、俺たちが退治してやるからな!では、またいつか会おう!!!」

The END


…ということで、助動詞を使ったら動詞は原形になるからね!そこんとこ、よろしく!
では、また次回、お会いいたしましょう!!!大岩ヒデキでした~。





  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

英語入試についてどうお考えですか?【保護者に質問】