大岩ヒデキのExciting English!

2015-08-28英語全般

「曜日」はなぜ「大文字」で書き始めるの?


はい、どうもこんにちは!大岩ヒデキです!やっと暑さも落ち着いてきましたね〜(とは言え,まだまだ暑い日は続いてますけど)。ところで,この夏はいかがでしたか?夏前に計画した通りの,いや,計画以上の夏が過ごせた!!!…みたいな感じの人!…は,あまり…いない…かな(←自分の経験から)?

もし,計画通りの夏が過ごせたならば,それはもちろんスバラシイ!…けれど,もし計画通りに過ごせなかったのならば,それはさらにスバラシイ経験をしましたね!!!夏休みという1か月程度の限られた時間でさえも,なかなか計画通りには進まない。…そんなステキなことがわかってしまったわけですよね!つまり,人生という長い期間での目標を達成するためには,どのくらいの気持ちで挑まなければいけないのかがわかってしまったわけです!!!ならば,それはやっぱりスバラシイ経験だよね。次こそ「大切な何か」を実現するために,今回の経験を活かしちゃいましょう!


話は変わるけど(本当に突然変わるけど),英語の文は「大文字」で始めて,ピリオド「.」やクエスチョンマーク「?」,時々エクスクラメーションマーク「!」で終わるのが基本だよね。でも,単語なのに大文字で始まっているのがあるよね?たとえば,Hide(ヒデ)とかHideki(ヒデキ)とかHidetaro(ヒデタロウ)とかHideking(ヒデキング)とか。…そうだよね!気がついちゃった!?Hideで始まる単語は大文字で始める…って,そんなわけあるかぁ~い!

そうじゃなくて,人の名前のように,1人1人[1つ1つ]についている,誰なのかが特定できるような名前(固有名詞[こゆうめいし]と言うよ)は,大文字で書き始めるんだよね(「flower(花)」「dog(犬)などは固有名詞じゃないからね。あれは,種類を表すので,特定していないよね)。では,Sunday(日曜日),Monday(月曜日)などの曜日は,なぜ大文字で書き始めているのでしょうか???今回は,そんなナゾにせまってみましょう!


曜日は大文字で書き始めるのはナゼ?

曜日が大文字で書き始める理由は,いくつかの説があるんだよね。たとえば,「曜日が大文字なのは,大昔,まだ恐竜が大地を支配していた白亜紀の頃,当時はsundayと呼ばれていた種族がいた。sundayは,恐竜に変わり大地を,地球を支配しようと恐竜と激烈な戦いをくりひろげた。結果,ご存知のように恐竜は地上から姿を消し,sundayが地上を支配した。しかし,sunday側も死闘のすえ生き残ったのはただ一人。彼はsundayを代表し,自らをSundayと名乗るようになった。それ以降,Sundayは特定の一人を表すようになり,大文字で書き始めるようになったそうな。」という説はないんだけどね(ボクが今作った),こんな説はあるんだよ(諸説あります)。

・日曜日 Sunday:太陽(Sun)の日
・月曜日 Monday:月(Moon)の日
・火曜日 Tuesday:チュートン族の軍神ティウの(Tue’s)日
・水曜日 Wednesday:ゲルマン神話の神ウォーデンの(Woden’s)日
・木曜日 Thursday:北欧神話の雷神トールの(Thor’s)日
・金曜日 Friday:北欧神話の女神フリッグ(Frigg)の日
・土曜日 Saturday:ローマ神話の農耕の神サトゥルヌス(Saturn)の日

ということで,「特定の何か(太陽とか月とか)」や「特定の神様」の日ということで大文字で書き始めるわけだね(名前だからね,ナットク)。じゃあ,January(1月)やFebruary(2月)はナゼ大文字で書き始めるのでしょう???…ぜひ,自分で調べてみてね!

…というわけで,気がつけば今月ももうお別れのお時間となってしまいました。また来月,ここでお会いしましょうね!いや,ここで会うと同じ内容を見ちゃうことになるか。また,来月の内容でお会いしましょう!


※今回の説は,あくまでもいくつかある説の1つです。もしかしたら,私の説の方が正しいかもしれません。あなたも,いろいろな出来事に対して,自分の仮説をたてみませんか!?すべては仮説から始まるのです!


大岩ヒデキ先生



※写真の答え:博多駅にある芸術作品の前。ちなみに,朝6時。警備員さんにずーっと自撮りしてるのを見られていたのはナイショ。クビに巻いてあるのは交通事故のときつけるやつ。交通事故に気をつけよう!(←7月30日に事故に遭った人)




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】