大岩ヒデキのExciting English!

2015-10-26英語全般

「1円の真の価値」って…


はい、どうもこんにちは!今月も、このコーナーを担当させていただきますのはワタクシ、大岩ヒデキです!いやあ、それにしても、一気に涼しく…というよりも、寒くなっちゃいましたね。ボクの周りでは、風邪をひいている人が激増中!風邪とかひいてないかい?毎年、流行る必要もないインフルエンザも、今年はすでに流行り始めているんですって。早めの予防接種、よろしくお願いしますね!

ところで、突然だけど、1円をどう思う?本当に価値のあるお金だと思う?正直「1円じゃあなぁ」とか、「1円では何もできないなぁ」とか、思っちゃいます?…もし、あなたがそう考えるタイプならば、1円の真の価値を今から知っておくと、未来の見え方や考え方が変わるかもね。なぜかって?「1円をどう思うのか」って、実は他のすべての考え方に結びつく大切なことなんだ。だから、もし1円の真の価値に気がついていないなら、このことを覚えておこう!

「1円でできることはあまり無いかもしれないけれど、1円を加えることでできることはたくさんある」。

この考え方って、とっても大切だとボクは思うんだよ。99円では救えない命でも、1円を加えることで救えることがある。他の人たちの知識や経験だけでは乗り越えられないような出来事も、あなたの知識や経験を加えることで乗り越えられることがある。あなたにできることはほんの少しでも、その力を加えることでできるようになることって、本当にたくさんあるんだよ。

一見、価値が低い、または価値がないようにさえ思える物の本当の価値が見えるようになったとき、自分には決して超えられないと思っていた壁をも超える力が手に入るとボクはいつも思うんだよ。

毎日勉強していると、「こんなことやって、何の価値があるの?」って思うことっていっぱいあるよね。昔のボクはそんなことだらけだった。というか、中学生の頃は100%そんな風にしか思っていなかった。でも、そのちっぽけに思える「何か」に価値を与えるのは、その「何か」の本当の価値を引き出してあげられるのは、実は自分自身なんだってこと。これを忘れないでおくと、人生が大きく変わるかもね。

それでは、せっかくなので、今回もちっぽけに思える「何か」の話をしておこうかな。


□ 主語(文の主人公)を決めろ!


主語ってわかるかな?主語というのは、日本語の「〜は」「〜が」に当たる部分。例えば、「私はスキーをする」の「私は」が主語で、この文の「主人公」の働きをしているんだよ。ところが、日本語と英語の大きな違いの1つに、「日本語は主語を省略することが多いが、英語は省略しないことが多い」というのがあるの。例えば「疲れた」のように、主語の「私は」を省略した表現を日本語ではよく使うよね。この省略をうめる感覚がわかると、英語がググッと近くなるんだよ。

じゃあ、次の表現は英語でどうなるでしょうか?主語に気をつけて言ってみよう!

1)「今日は疲れているんだよ」(疲れている=be動詞+tired)
2)「消しゴム持ってる?」(消しゴム=an eraser)
3)「犬はあんまり好きじゃないんだよ」(あまり…ない=not … very much)
4)「ペンを借りてもいいかな?」(借りる=???)
5)「この本はボブにもらったんだよ」(もらう=???)

「自分が知っている表現を使って言えないかな?」と考えるのも重要。小学生にでもわかるような簡単な表現で伝えるのがコツだよ。では、答え合わせしてみよう!

1)=「(私は)今日は疲れている」
  I am tired today.
※「今日は」は主語じゃないよ。「疲れてる」のは誰なのかを考えよう!

2)=「(あなたは)消しゴムを持っていますか?」
  Do you have an eraser?
※ 「消しゴムを持っている」のは誰なのかを考えよう!

3)=「(私は)犬はあまり好きではない」
  I don’t like dogs very much.
※「好きではない」のは誰なのかを考えよう!

4)=「(私は)(あなたの)ペンを使ってもいいですか」
  Can I use your pen?
※「使う」のは誰なのかを考えよう!また、「借りる」がわからなくても、「使う」で十分意味が伝わるよね。

5)=「ボブは(私に)この本をあげました」
  Bob gave me this book. / Bob gave this book to me.
※「(私は)ボブによってこの本を与えられた=I was given this book by Bob.」とも言えるけど、形が複雑になるので、誰を主語にすれば簡単に言えるかを考えよう!「人に物を与える=give 人 物=give 物 to 人」はよく使う表現だよ。

…ということで次に…と思っていたら、今月ももうお別れのお時間となってしまいました。風邪とかインフルとかに気をつけて過ごしてくださいね!というわけで、また来月お会いいたしましょう!お疲れさまでした!


大岩ヒデキ先生



※写真の答え:長野県の某ホテル。部屋に私の似顔絵が飾ってあったので(笑)記念撮影。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】