大岩ヒデキのExciting English!

2016-06-27英語全般

「お肉」の名前、英語で言ってみよう!


今年の夏は「極暑(ごくしょ)」といって,とんでもなく暑い日があるみたいだね。NASA(National Aeronautics and Space Administration:アメリカ航空宇宙局)も,今年の夏は世界中が今までにないほど暑くなると予報しているようだし,熱中症(heatstroke:ひーとすとろぅく)とか脱水症状(dehydration:でぃはいどれーしん)とかには本当に気をつけてね。

というわけで,そんな暑い夏だからこそ,より熱く過ごすぞと決めているのはワタクシ,大岩ヒデキでございます!!!今月もよろしく~~~(←ちょっとダレてる感出てる)。

暑いと,熱く過ごしたくなるよね?そして,熱く過ごしていると,厚いアレが食べたくなるよね?…え?何のことかわからないって?もう,本当は気づいている く・せ・に(はーと)。

暑いといえば体力が必要!体力が必要といえば熱い炎で厚く切ったお肉ちゃんをジューーーーーーーーーってして食べたらいいんだよ!!!そうしたら,そこは常夏のパラダイスになるんだよ!!!パラダイスは海のきれいな島にあるんじゃない!!!美しい肉汁があふれる肉にあるんだ!!!(と,熱く語っているが,私は野菜の方が肉より好き)

というわけで,みんな大好きお肉ちゃん(もちろんベジタリアンの方もいらっしゃるのもワタクシはご存知だぞ)。ちゃんと英語で言えるかい?もし言えなかったら大変だよ!?だって,旅行とかで海のきれいな島でワンダフルな時間を過ごしていてもさ,思った通りの肉が注文できなかったら,そこにはもう本当のパラダイスなんてないんだよ!!!お口の中にパラダイス!!!そう,本当のパラダイスには,お肉のオーダーは不可欠なんだ!!!わかるだろ,兄弟?(と,熱く語っているが,私は野菜の方が肉より好き)

さて,ここで問題が生じるわけだ。豚のお肉ちゃんは「豚肉」,牛のお肉ちゃんは「牛肉」というが,馬のお肉さんは何というかご存知かな?…そう,「馬肉(ばにく)」とも言うが「さくら肉」とも言うんだよね。では,イノシシのお肉殿は何というかご存知かな?…これはイノシシのお肉殿を使った鍋「ぼたん鍋」でも有名だけど,「ぼたん」って言うんだよね。言いたいことがわかったかな?実は英語でも,「動物と肉が同じ名前」のものもあれば,「動物と肉で違う名前」のものもあるんだよ。

では,真のパラダイスのため,ここで修行じゃ!!!肉への道も一歩からだ!!!


肉の名前,全問正解でパラダイス行き!(…自費でだけど)

では,10問全問正解の奇跡のパラダイスになるか!?

1:馬(horse:ホース):馬肉( ? )
2:鶏(chicken:チキン):鶏肉( ? )
3:七面鳥(turkey:ターキー):七面鳥の肉( ? )
4:ガチョウ(goose:グース):ガチョウの肉( ? )
5:子羊(lamb:ラム):子羊の肉( ? )
6:羊(sheep:シープ):羊肉( ? )
7:鹿(deer:ディア):鹿の肉( ? )
8:豚(pig:ピグ):豚肉( ? )
9:牛(cow:カウ):牛肉( ? )
10:子牛(calf:カフ):子牛の肉( ? )

ハイそこまで!!!…しかし色々なお肉があるよね。パラダイス語っておいてなんだけど,食べたことがないお肉様もいくつかあるな。世界中を旅して,いつかきっとパラダイスをこの口にっ!!!(と,熱く語っているが,私は野菜の方が肉より好き)

では,答えはこんな感じ!

1:馬(horse:ホース):馬肉(horse:ホース)
2:鶏(chicken:チキン):鶏肉(chicken:チキン)
3:七面鳥(turkey:ターキー):七面鳥の肉(turkey:ターキー)
4:ガチョウ(goose:グース):ガチョウの肉(goose:グース)
5:子羊(lamb:ラム):子羊の肉(lamb:ラム)

実は,ここまでは動物とお肉閣下のお名前が同じなのよね。ガチョウのお肉…見たことないな。やっぱり,ガチョウ感すごいのかな?…それはさておき,問題はここからよね!

6:羊(sheep:シープ):羊肉(mutton:マトン)
7:鹿(deer:ディア):鹿の肉(venison:ベンズン)
8:豚(pig:ピグ):豚肉(pork:ポーク)
9:牛(cow:カウ):牛肉(beef:ビーフ)
10:子牛(calf:カフ):子牛の肉(veal:ヴィール)

どうでもいいけど「子牛の肉のビール煮」とかオーダー難しそう。…というわけで,自費旅行はゲットできたでしょうか?

…と,いうことで今月もおしまいの時間のようです。本当にこれからもっと暑くなっていくので,しっかり食べて,体調を崩さないようにだけ,お願いしますね!それではまた次回あいましょう!!!またね!(なんかおなかすいたし,キュウリでもかじるか)


大岩ヒデキ先生
梅雨の富士山と梅雨のヒデさん



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア



テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

インターネット出願についてどう思われますか?【保護者に質問】