大岩ヒデキのExciting English!

2017-01-25英語全般

動詞の原形で始まる「命令文」。使い方をチェック!


A HAPPY NEW YEAR~~~~~~~!!!…から約1か月たったけど,今年を楽しんでるかい?ボクは楽しんでるよ!

1月4日から数日間風邪で寝込んでみたり,歯医者に定期検診に行ったら逆に歯が割れてみたり,スゴイ人たちに囲まれて食事をしたら緊張しすぎて後で具合悪くなってみたり,いつもはできない経験が満載で,もう最高!人生は経験値を上げてなんぼだからね。楽しいことも,悲しいことも,辛いことも,怒っちゃうようなことも,全部含めて,初めて人生!今年も,犯罪だったり,危なかったりするような経験以外は,人生の勉強だと思ってどんどん楽しんじゃおう!

ということで,今年は色々な『勉強』をする気満々なWATAKUSI,大岩ヒデキが今月も担当します!ヨロシクね。

今回は,手遅れになる前に(?),ちょっとお話してもいいかな?2020年に大学入試が変わるのは知ってるかな?つまり,今あなたが中3だとすると,あなたが受ける入試の英語は変わっている可能性が極めて高いんだよね。

どう変わるかと言うと,リスニングや読解問題に加えて,本格的な英作文や英会話力なんかも問われるようになる予定なんだ。その影響からか,近年では小学生が受ける中学入試をやっているような学校でも英語試験を導入しているところが増えてきていてね,とにかく英語の重要性がメキメキ,いや,バッキバキに増してるというのを知っておいて欲しかったんだな。だから,毎日少しずつでいいので,英語をやっておくと,絶対いいことがあるので,やっておこう!

…ということで,今回の内容にすすんじゃうぞぉ!今回は…『使える表現』でワクワクしちゃおう!


私に命令しないでください!…え?してないの???

命令文って,聞いたことある?「Open the door.(窓をあけなさい)」「Be careful.(気をつけなさい)」のように,動詞の原形で始まる文のことなんだけど,「命令文」っていう名前だと「命令のときに使う」って思っちゃうよね?

…え,思ってなかったって?うそ!マジで?天才すぎじゃない?自分,こう見えて,この仕事を始めてから知ったんですけど,「命令文」って必ずしも命令じゃないって…。まあ,事実を知るタイミングって人それぞれ違うからね,うん。決してボクが遅かったってわけじゃなくて,あなたが早かった,そういうことにしておこう…。

では,気を取り直して,動詞の原形で始める「命令文」は,必ずしも「命令」ってわけじゃないんだよ。例えば,次の文は命令だと思う?

□ Clean your room.

…自分の中で,答えは決まった?では,答えをいうよ!!!

答えは………状況による…が正解。
どういうことかわからないよね,つまりこういうこと。部屋が散らかっていて,見るに見かねた親が強い口調で「Clean your room!」と言えば「部屋を片づけなさい!」という命令になるよね。でも,アイドルがあなたの家庭を訪問的な番組の取材が来るということで,ルンルンな感じで「Clean your room!」って言ってたら「部屋の整理とかしておいてよぉ,(アイドルの彼がきちゃうんだからぁ~)」という,どちらかというと依頼や提案のような感じになるんだよ(というか,通常はこちらの使い方が多い)。

だから,「ていねいな命令文にするのには,Pleaseをつける」とかいうルールがあるけど,「命令文なのにていねい???どういうこと?」って思ったことない?実は,「Please」は依頼とか提案のニュアンスのときに「お願いだから!」みたいな感じを加えるものなんだよね。「Please clean your room!(アイドルが来るので)お願いだから部屋の掃除をして!)」みたいな。

だから,例えば「Where is the nearest post office?(最寄りの郵便局はどこでしょう?)」って聞かれたときとかに,「Go straight for three blocks.(まっすぐ3ブロック先ですよ)」って答えればいいんだけど,ていねいにしようとして「Please go straight for three blocks.」って言っちゃうと,「お願いだから,まっすぐ3ブロック進んで!」みたいな感じで,え?なんでお願いされちゃった?みたいな雰囲気になっちゃうかもね。

あと,命令文(というか,依頼・提案文だけどね)の前に,just(ちょっと)をつけると,軽い感じになって使いやすくなるんだよね。「Just sing a song.(ちょっと歌ってみて)」「Just stand up.(ちょっと立ち上がってみて)」「Just listen.(ちょっと聞いてよ)」みたいに。

さて,次は…と思ったけど,今月はそろそろお別れの時間みたい。さみしいけれど,また来月会えるから,それまでにお互い,経験値を高めておこう!

ということで,Just enjoy English! See you next time!


大岩ヒデキ先生
昔描いた『もうすぐ節分!』な感じの絵




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

中学、高校での海外留学・海外研修に興味はありますか?【受験生に質問】