大岩ヒデキのExciting English!

2018-04-24英語全般

「Hello」以外でgreeting(あいさつ)してみよう!


 4月だね!4月と言えば,進学した人もいれば,進級した人もいれば,新しく塾や習い事を始めた人もいたりして,「新しいこと始まっちゃった」っていう感じがしていいよね!そんなわけで,こちらのコーナーも気分を新たにして,また楽しんでいただけたらと思っております。…というわけで,今年度も担当させていただきますのはワタクシ,大岩ヒデキでございます。よろしくね。

 さてさて,環境も新しくなって,新しい生活が始まったそこのキミに,4月に誕生日を迎え,新しい年齢になったワタクシから1つ質問だ。ずばり!…新しい生活で,確実にステキな時間を過ごすために,絶対に必要なことって何だと思う???

 …そうだね!グリーティング(greeting:あいさつ)だね!マジメな話,大人になればなるほど,greetingって重要でね。。。「あいさつもできない人に,仕事なんかまかせられるか,てやんでぃ!おととい来やがれぃ!」みたいな方も,実際いっぱいいるからね。

 もちろん,そんなことはキミも百も承知(しょうち)で,ワタクシのように「king of greeting(あいさつの王)」と呼ばれている人も中にはいるだろう。…ん?greetingの基本を教えて欲しいのか?では,Kingみずから,教えて進ぜよう。基本はこうだ。相手の目をしっかりと見て,笑顔で自信を持って,大きな声で勢いよく!

「んちわぁす!」(こんにちは)
「ありあざーす!」(ありがとうございます)
「はよざいやーす!」(おはようございます)

 …清々(すがすが)しい!!!なんと清々しい気分になれるのだろう。Greeting…もしかしたら世界を変えるほどの魔力を秘めているかもしれん。…しかし,しかしだ。グローバル化が進む現代では,これから10年後,キミが社会人として活躍する世界で待っているのは,日本で育った,日本語ペラペラの人たちばかりではないはずだ。そうなれば,せっかくの「んちわぁす!」「ありあざーす!」「はよざいやーす!」も,もはや何の意味もない。意味がないだけでなく,突然未知の言語で叫ばれたら,ちょっと怖くて泣いちゃうかもしれない。

 だからこそ,キミには知っておいて欲しいのだ。グローバルな世界で,世界を変えるほどの魔力を秘めているかも知れない,真のgreetingというものを!

世界を変える(かもしれない)greeting 特選5


 greetingと言えば,「Hello!」が基本になるわけだが,これは言ってしまえば,アイスの「バニラ味」みたいなものだ。バニラは誰もが好きだ。バニラに文句を言う人などまずはいない。バニラこそ,アイスの中のアイスだ。しかし,キミは本当にバニラばかりでいいのか?人生,チョコやストロベリーのテイストはいらないのか?たまにはチョコミントで刺激的なデザート生活を送ってみたいんじゃないのか?…何を言っているのかわからなくなってきたけど,つまり,「たまには違う方が楽しそう」だよね?Helloは,greetingの中のgreetingと言えるけど,たまには違う方が楽しそうでしょ?実際,言葉は表現力に幅がある方が楽しいからね。ということで,Helloの代わりに使えるgreetingを見てみよう!

1)Hi.(Hello.よりくだけた感じ)
2)Hi there.(ちょっと離れた人に向かって)
3)How are you (doing)?(Hello.の後に続けてもOK)
4)How’s everything (going)?(Hello.の後に続けてもOK)
5)What’s up?(仲のいい友だちに向かって)

 う~ん,あいさつってやっぱりいいねぇ。この他にも,もちろん「Good morning.(朝のあいさつ)」「Good afternoon.(午後のあいさつ)」「Good evening.(夕方のあいさつ)」などもあるので,時間で使い分けるもいいかもね。…あれ?今月ももう終わらないといけないみたい。まだまだ話したいことは山のようにあるので,それはまた次回以降で話していくね。では,最後に元気よくあいさつをして終わりましょう!See you next time, bye-bye!

 ……あれ?あいさつしたのワタクシだけ?誕生日直後の孤独感…クセになりそうだぜぃ。



大岩ヒデキ先生
4月なので。近所はもう散ったけど…。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】