大岩ヒデキのExciting English!

2019-01-25英語全般

『まねっこ おんどく』で話す力を鍛えよう!


 はーい,こーんにーちはー!!!えいごのおじさんおにいさん,ヒデキおにいさんだよー!みんな,げんきー!?

 さっそくだけど,2019年の「もくひょう」はきめたかな!?え?「もくひょう」ってナニ?って,そうだよね。まだ,「もくひょう」ってみんなには,すこしむずかしかったね。「もくひょう」っていうのはね,身体的運動,心的活動など生体の行う行動が目指している最終的な結果(ブリタニカ国際大百科事典 一部引用)のことだよ。わかったかなー?

 じゃあねぇ,とくべつに,おにいさんの「もくひょう」を,ここにいるオトモダチにおしえちゃうよー!おにいさんの身体的運動,心的活…「もくひょう」はねぇ,「オトモダチのみんなと,たのしく『えいご』でおはなしをする」だよー!!!

 じゃあ,オトモダチにしつもんだよ。どうやったら,『えいご』でおはなしできるようになるかなぁ?…はい,じゃあ,そこのオトモダチ!


オトモダチ「まずは,語彙力の増強じゃないですかね?語彙力なくして言語活動はあり得ないと思います。日本国内でも日本語における語彙力不足は危惧されており,このままでは近未来において,日本国内でさえも高水準の言語活動が可能なのかどうかというのが,個人的な懸念事項ではあります。次に,文法でしょうか。日本語と英語,いや,さらに言えば,言語が異なるとは,文章を形成する原理原則,簡単に言えば,法則が異なるわけであり,そういった法則,一般的な表現では文法となりますが,他言語学習の際に,その言語活動における文法を習得するということは,至極当然,必然とさえ言えるのではないでしょうか。加えて,音源の活用は不可欠でしょう。音源を活用しない言語学習ほど時間の浪費と呼べる活動は他に類を見ず,その言語特有の音やリズムを習得してこそ,初めて表面的な言語活動が可能となります。ここで表面的と申しましたのは,真の国際コミュニケーションにおいては,異文化理解が不可欠であり…。」


 ストップ!ありがとう,オトモダチ!すごいねぇ,おにいさん,さいしょの「まずは」しかわからなかったよ!おにいさんも,もっとおべんきょうしておくね。

 …おにいさん,『えいご』でおはなしをするのには,こうおもうんだよね。『まねっこ おんどく』で,よくつかうものを,おぼえちゃえばいいんだよ!それから,すこしずつ,さっきのオトモダチがおしえてくれたことをやればいいんじゃないかな。じゃあ,こんかいは,いろいろなくにのオトモダチと,なかよくなるための『じこしょうかい』を『まねっこ おんどく』してみよう!


Speaking特講『まねっこ おんどく』

 『まねっこ おんどく』にはね,ひとつ,たいせつな「おやくそく」があるよ。それはね,「じぶん」と「オトモダチ」を,どちらもやるってこと。たとえば,こんなかんじ!

じぶん:きみ,ちょうシブイネ!(←こっちもよむ)
オトモダチ:マジ,テレル,Oh, Year!(←こっちもよむ)

 どちらもやることで,「しつもん」も「こたえ」もできるようになるからね!では,『じこしょうかい』の『まねっこ おんどく』スタート!

じぶん:Hi! I’m Hideki Oiwa. What’s your name?
オトモダチ:Hi, I’m Otomodachi. How old are you?
じぶん:I’m 14 years old. And you are ...?
オトモダチ:I’m 14 years old, too! We are the same age!
Where do you live?
じぶん:I live in Kichijoji, Tokyo.
There is a famous park called Inokashira Park.
There are many shops. Where are you from?
オトモダチ:I’m from Canada. And now, I’m living in Chiba.
Nice to meet you!

 はーい,どうだったかな?「おなまえ」「ねんれい」「すんでいるばしょ」や「しゅっしんち」なんかをいれかえて,いーっぱい「れんしゅう」してみようね!こうやって「よくつかう」はなしかたをおぼえれば,「えいご」でおはなしも,きっとすぐできるようになるよね!

 あれれー?もう,おしまいのじかんだよー。おにいさん,ちょとさみしいな。でも,またライゲツもあえるから,いっぱい『まねっこ おんどく』をしてきてね!それじゃあ,またゲンキにここであおうね!まったねー!!!


大岩ヒデキ先生
春をおとどけ!



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校を決める際、何を一番重視しますか?