大岩ヒデキのExciting English!

2019-02-26英語全般

高校生になるキミに!「大学入学共通テスト」を前にすべきことを徹底解説!


 え?それなら来月,高校受験が終わってからのときに話せばいいんじゃないかって?…ふふふ。キミは,ワタクシを誰だと思っているのかね?泣く子もワタクシの名を聞けば「え?ダレ?」って,きょとんとして泣き止んでしまう,大岩ヒデキだぞ!?中学校の頃,「おまえみたいに,急に身長がのびるヤツは,骨が弱いんだっ!!!」という謎の指導(?)を体育の先生から受けたことがある,大岩ヒデキだぞ!?今月だからイイに決まっているじゃないか!

 なぜ今月話すのか。それは,「来月,受験が終わってからだと,終わった開放感から『しばらく勉強はしなくていいでしょ』と,なんなら保護者の方々のほうがそんな雰囲気になっちゃって,この記事を読んでくれる可能性が低くなるばかりか,今まで『先生!先生!!先生!!!』と頼っていた学校や塾の先生の『これからも勉強は続けたほうがいいよ』という,どう考えても正しい意見さえも,『でたっ!もう勉強はしばらくいいじゃん?』みたいな雰囲気になるから,ちゃんと読んでもらえる今月にした」ということだからである。

 さて,前置きが長くなったが,何について話すのか…それはズバリ,新テストと呼ばれる「大学入学共通テスト」のお話なのですよ。いや,最近,新高校1年生向けの授業があるんだけど,みんな「まだ中学生」なのに,たくさんの生徒(と保護者の方々)が来てくれるし,ある意味,新高校3年生より真剣なんだよね。。。まあ,「大学入試が大きく変わろうとしている」から,不安なんだと思うけど。

 いや,ここでもね,新しい大学入試については何度となく話した気がするんだけど,今回知っておいて欲しいのが「大学入学共通テスト」には,英文を作るときのルール,つまり「英文法についての問題がない」ということなんだよね。…いや,それを何で知っておいて欲しいかというとね…こんな質問を受けるんですよ,マジで(しかも大人からも)。

 「新しい試験,英文法の問題ないですよね?英文法はやらなくていいんですよね?」

 高校生になるキミにたずねてもいいかしら?たとえば,All you have to do is to study hard in order to pass the examination.とか長文で出てきても,英語のルールなしで,ちゃんと意味がわかるようになるのかしら?I am a boy.がわかれば,What you should do is to study hard.もわかると思うんだけど,その辺はあやふやにして,「語彙力!気合い!」みたいな雰囲気で片づければOKかしら?

 高校生になるキミにたずねちゃってもいいかい?サッカー・野球・テニス・バスケットボール・水泳・空手・柔道…。準備体操は試合で競わないので,準備体操はやらなくていいんですかね?

 体育の先生に骨が弱いと叱(しか)られた経験のあるボクには,その答えはわからないんだけど,キミならちゃんとした答えを持っているはず!…なので,その答えを忘れずに,これからも「意味のある勉強」をしていって欲しいと思っていて,そんな人間が,少なくとも1人はここにいるってことを忘れないで欲しいかなって,そんな気分。

 要は,何を言いたかったかというと,「出ないからやらなくていい」という試験に変わるのではなく,「できていることは当たり前なので,もう聞かないよ?できていることが前提となる問題聞いちゃうよ?」という試験に変わるということを伝えたかったわけです。

 え?結局何が言いたいのかわからないから,もっと具体的に言って欲しいですって?…わかった。確かに大人ってやつは,責任をとりたくないから,ふわっとしたことを言ってごまかす人も多いからね。しかし,大岩,言葉に責任を持とうではないか。ズバリ,具体的に言うわよ!!!

 先輩方が,なんなら高校3年生になってから始めれば間に合うんじゃね?みたいに考えていることが多い,基本単語・基本熟語・基本文法の学習は,高校1年生のうちに終わらせておかないと,時代的にマジヤべーから,高校入試終わっても,そのまま勉強続けましょう!!!!!


知っておくべき真実 ~それぞれの学年で何やるの?~

・高校3年生:国公立大学2次試験対策 or 医学部対策 or 私大対策
 →つまり,超ムズイ問題を解くトレーニングを1年間かけてネチネチと。

・高校2年生:大学入学共通テストレベル・英語4技能試験レベル完成
 →つまり,3年生まで持ち越したらヤベーやつを終わらせる。

・高校1年生:英語・数学・国語の基礎固め
 →高校2・3年生でやることいっぱいあるので,逆算して勉強しておく。英語(4技能)・数学・国語は「記述」もあるのよ。

 ということで,今回は(も?)英語というか,今後の学習というか,大切な話をしました。ぶっちゃけ,「うぜぇ」って思うと思うし,ボクも,こんな「うぜぇ」話は本当にしたくないんだけど(本当は,メルヘンについて語りたいくらいだよ,マジで),でも,こういう「うぜぇ」真実を語る人がいなくなると,世の中終わりなんでね。。。というわけで,来月は逆に,まったくうざくない,メルヘン(?)について語りたいと思うので,また受験が終わっても,ここに遊びにきてね!ということで,今月はここまで!お疲れ様でした。


大岩ヒデキ先生
海があると写真撮っちゃうのなんでだろ?



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校を決める際、何を一番重視しますか?