大岩ヒデキのExciting English!

2020-02-28英語全般

世界の変化についていくために…たくさんのことを知って,身につけよう‼


 はい,どうもこんにちWA!大岩ヒデキでございまSU。今月もよろしくNE!…ところで,今年に入ってから何か新しいことをしたり,始めたりしTA?ヒデキはしましたYO(というか,させていただく機会をいただきましたYO)。

 ズバリ,大きく3つ!1つ目が,「YouTuberデビュー(大学受験のおはなし)」で,2つ目が「中学受験が終わったばかりの小学生を対象とした特別授業(大学受験のおはなし)」,3つ目が「高校の先生を対象とした新しい大学入試の説明会(大学受験のおはなし)」。YouTuberデビューは,正確には2019年12月30日[おおみそかイブ]なんだけど,ほぼ今年ってことで。

 フシギだよね~。だって,ヒデキ,大学生のときは中学生に英語を教えていて,社会人になってからは大学受験のための英語の専門家になったのね(今もメインはそうなんだけどね。たぶんね。きっとね。メインだって,信じたいんだけどね)。でも,そこからまた中学生に教えるようにもなって,本を書くようにもなって,大学生に教えるようにもなって,こうやって記事を書くお仕事もいただくようになって,英語の先生ではない社会人にも教えるようになって,YouTuberになって,小学生にも教えるようになって,ついには英語の先生にまでお話をさせていただくようになって,そして今度の4月には。。。おっと,これはまだナイショだった。

 とにかく,どんどん世界って広がっていくんだよね。世界が広がるってどういうことかわかる?世界が広がるってことは,自分の住む世界がどんどん変わっていくということ。つまり,変化していくということ。その変化についていくためには,やっぱり,たくさんのことを知って,身につけて,使えるようにしなくちゃいけないということ。そして,それを目的としたものが勉強だってこと。そして,世界とつながるための道具はやっぱり英語だってこと。

 さて,そんな話をすると最近本当によく出るのが,「スマホの翻訳機能,性能上がってきてるし,もう英語の勉強しなくていいんじゃないですか?」的な質問ね。…なるほど,確かに最近は性能も上がってきていて,真面目な話…言いたくはなかったが,そこそこ英語を勉強している人よりも優秀な翻訳をする場合が増えてきた。…そうなると,あれか。やっぱり,英語はもういいか。英語っていうか,外国語はほぼ翻訳機能でいけるから,もういいか。

 よく考えたら,算数や数学も,電卓やパソコン[パソコンはそもそも超高性能な計算機]あるし,やらなくて良くない?っていうか,スマホの検索で何でも検索できるし,理科や社会もいらなくない?は!今気がついたけど,勉強なんかしなくても日本語しゃべれてるし,国語もいらないよね?なんだ,もう,学校いらないじゃん。みんな,高校なんていかないで,今から渋谷で遊ばない?

 …っては,ならないでしょ。国語で読解力をつけなければ,相手が何を伝えたいのかがわからなくなる。漢字だって勉強しなければ,「あの端(はし)で会おう」「あの橋で会おう」じゃ,意味変わって,会えないでしょ。理科や社会は,実生活に密接している情報が多く,災害時にだって役立つ情報満載なわけだけど,スマホの電源落ちたら?無くしたら?壊れたら?サーバーがダウンしたら?数学だって,答えを出すことが目的じゃないよね。なぜ,その答えになるのかを論理的に考えていく力をつけるのが目的の教科だよね。

 外国語の勉強だって同じなんだよね。最初は,単語を覚えたり,文法をやったりなので,翻訳機能で十分じゃん…ってなるんだけど,それが終わると,次のステージが待っている。「伝えたいのはこういうニュアンスなんだよね」とか「こういう言いまわしっていいよね」になってくる。日本語だって「じーじとおさんぽしたの」「祖父と散歩に行きました」は同じ意味だけど,相手に与える印象は全然違うでしょ?

 これから先,キミの住む世界は,ボクラの住む世界よりも広がっていって,変化していく。その変化に付いていくためには,やっぱり,たくさんのことを知って,身につけて,使えるようにしなくちゃいけない。そして,それを目的としたものが勉強で,世界とつながるための道具はやっぱり英語。楽しみながら,どんどんやっていこう。…そうだ,楽しむコツを今日は教えちゃおうかな。それは,「何で?」に出会ったら,調べるってこと。そのためにネットを使うのは,スゴクいいと思うよ。

 例えば,英語で「ここに署名してください」は「Sign here.」「Write your name here.」でもいいんだけど,「Put your John Hancock here.」っていう言いまわしもある。そこで,何で「名前の代わりにJohn Hancockやねん!」ってツッコミたくなったら,検索する。すると,ジョン・ハンコックはアメリカの独立宣言で,一番最初に署名をした人物で,目の悪かったイギリスの国王がメガネがなくてもしっかりと署名が見えるように,でかでかと署名したわけですよ。そしたら,その署名で有名になっちゃって,「John Hancock=署名」っていう意味で使うようになっちゃったんですよ…ってことがわかって,文化に触れることもできる。正直,ここまで進むと,英語が楽しくなってきて,翻訳機能なんかに楽しみを奪われてたまるか!!!みたいになってると思うよ。

 世界は広がる。世界は変わる。もちろん,キミは変わらないが,キミの知識は広げていく必要がある。変えていく必要がある。どうせ変えるなら,楽しく変えていこう。楽しく変えるためには,「なんでやねん!」というツッコミ精神を持とう。そこから,キミの世界は変わっていくからね。…ということで,今月も時間になっちゃいました。また,来月,今年度最後の記事でお目にかかりましょう!それでは,今月はここまで,お疲れ様でした。

 うがい手洗い,忘れずにね。


大岩ヒデキ先生
キミの世界の夜明けぜよ(よくわからない人は坂本龍馬を検索)



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】