大岩ヒデキのExciting English!

2020-07-22英語全般

英語の“超基本”をテスト!大切なルールを確認しよう


 はいどうもこんにちはわたくしのなまえはおおいわひできですかなりあついひがふえてきたけどあつさでたいちょうをくずしたりしてませんか

 …というわけで,いきなり変なスタートで申し訳ない!読めました?内容はこんな感じね。

 「はい,どうもこんにちは!ワタクシの名前は大岩ヒデキです。かなり暑い日が増えてきたけど,暑さで体調をくずしたりしてませんか?」

 …今度は読みやすいよね!?最初の文は「ひらがな」ばかりなので,モノスゴク簡単なはずなのに読みにくい。どうしてだと思う?

 それはね,「読みやすくする工夫=文を書くときのルール」を守っていないからなんだよね。同じく全部ひらがなでも,「はい,どうもこんにちは!わたくしのなまえは,おおいわひできです。かなりあついひがふえてきたけど,あつさでたいちょうをくずしたりしてませんか?」なら,最初の文よりは読みやすいでしょ?そして,2番目の文のように,漢字やカタカナを使えば,もっと読みやすい。これは,実は英語でもフランス語でもロシア語でも,どんな言語でも同じなんだよね。

 …というわけで,今日は高校入試(大学入試でも)で大切な,いや,入試とか以上に,英語を使っていく上で大切なルールを確認していこうかなって思ってます。夏だし。いや,夏は関係ないんだけど,なんか,「夏」って言っておくと,気分でなんとかなる的なのってあるよね。では,英語の超基本,いってみよう!


とってもたいせつなえいごのるーる

 では,クイズ形式でいってみよう。以下の文には,それぞれ間違いがあるので,正しい形に直してみてね。脳トレっぽく,気楽に,楽しみながらいってみよう!

1)she is my sister.(彼女は私の妹です)

2)He is my brother(彼は私の兄です)

3)Were good friends.(私たちは親友です)

4)ItisimportanttostudyEnglish.(英語を勉強することは重要です)

5)Were you in the park then.(そのときあなたは公園にいましたか)

6)He is hide.(彼はヒデです)

7)I study japanese.(私は国語を勉強します)


 さあ,全部で7問。全問正解できたかな?では,答えを確認してみよう!

1)she → She
 文頭は大文字のアルファベットで始める!ヒデキが携帯電話を忘れて外出するのと同じくらいの頻度で間違える人がいるので,意外と注意が必要だよ。

2)文の最後に「.(ピリオド)」をつける。
 英文は,「.(ピリオド)」で終わるのが基本。疑問文のときは「?」を忘れずに。あと,毎月パスナビ見るのも忘れずに。

3)Were → We’re
 「’(アポストロフィ)」を忘れると,areの過去形のwereと勘違いされるので注意。あと,ヒデキは実在しないと勘違いしている人もいるので注意(AI的存在だと思われているのか,たまに「本当にいるんですね」って言われます…)。

4)「It is important to study English.」にする。
 単語と単語の間は,小文字1文字分のスペースを空ける。ヒデキとの心の距離は,どんなに離れても小文字1文字分でお願いします。

5)「.(ピリオド)」→「?(クエスチョンマーク)」
 何かをたずねる疑問文のときは,「?」で文を終える。ちなみに,YesやNoを尋ねたい場合は文末を上げ調子で発音し,具体的な情報(例えば,「何が食べたい」とか「どこへ行きたい」みたいに,YesやNoで答えられないやつ)の場合は,文末を下げ調子で発音する。ちなみに,ヒデキは下げ調子の質問があるとテンションが上がるタイプ。

6)hide → Hide
 人の名前は大文字のアルファベットで始める。ちなみに「hide」には「皮膚」という意味があるので,「He is hide.」にすると,「彼は皮膚です」という謎の文ができる。ヒデキはこういう文,キライじゃないよ。

7)japanese → Japanese
 言語は大文字のアルファベットで始める。Japanese(日本語), English(英語), Chinese(中国語), French(フランス語), Italian(イタリア語)のようにね。たまに,「教科」を大文字で始めると思ってる人がいるけど,math(数学),science(理科),social studies(社会)のように,教科は小文字で始めるよ。Hidekiは大文字で始まってるけど言語じゃないよ。

 どうだった?全部楽勝?ならよかった!もし,わからないのがあったなら,それはそれでよかった!ここで身につけてしまえば,もう間違えないからね。誰でも,どんな人でも,最初からできる人はいないからね。最初は間違いも楽しみながら,脳トレ感覚でどんどん英語で遊びましょう!っていうことで,今月はここまで!またらいげつもここであおうねおつかれさまでした。






  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。
レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。
主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?