2016-07-02

【連載】編集部注目の学校 徹底レポート
第8回 ICT委員会発足!生徒が生徒のICT活動をサポート!(後編)

●編集部注目の学校 徹底レポートの記事一覧はこちらから

充実したICT教育環境で知られる広尾学園。他校に先駆けて全生徒が情報機器を所有し、現在では授業や自学習をはじめ幅広いシーンで活用されている。また、昨年度には3Dプリンターも導入し、生徒たちが使用できるようになっている。連載第8回では、今年度発足したICT委員会や有志による生徒主体のICT活動について紹介する。前編はこちらから


広尾学園ICT
カッティングマシンで作ったペーパー

講習を開き、3Dプリンターの使用普及に務める

3Dプリンターやカッティングマシンなどのデジタルファブリケーション機器が設置された「Fabスペース」については、より専門的な知識が必要なため、ICT委員会ではなく渡辺くん、坂田くん、牧田くんをはじめとする有志で管理している。そして現在、生徒に広く活用してほしいという思いから、牧田くんを中心に正しく使える仕組み・ルールづくりに取り組んでいる。

「3Dプリンターやカッティングマシンの機器の講習を受講し修了すると、その機器の使用許可を得ることができます。定期的に講習会を開いて3Dプリンターの構造やモデリング法をレクチャーし、受講した人にはライセンスカードを発行しています。3Dプリンターを使う前に基本の使用法やルールを学んでもらうことで、より活用の幅が広がると考えています。今後は、例えば“スマホケースを作ろう”というように、テーマを決めた講習なども開催していく予定です」(牧田くん)


広尾学園ICT
手作りのライセンスカード

3Dプリンターは週3回(月・水・木)放課後に使用可能で、牧田くんはじめ有志によるサポートを受けることができる。最近は、講習を受講したうえで使用する生徒も増えてきている。牧田くんらは、秋の学祭に向けて、今後はさらに利用者が増えるだろうと予想している。


広尾学園ICT
牧田怜久くん(中学3年)

自力で考え、調べ、やってみる。だから、おもしろい!

ICTに驚くほど詳しい渡辺くん、坂田くん、牧田くんだが、その興味・関心のきっかけはさまざまだ。例えば渡辺くんは、幼い頃からパソコンに親しみ、ICT教育・環境に魅かれて広尾学園を選んだ。牧田くんも以前からMac好きで、ニュースで見た3Dプリンターに感動。広尾学園入学後に学内で同じ型の3Dプリンターを発見し、運命を感じたと言う。一方、坂田くんは、何か創りたいという思いは強かったものの、ICTデバイスに触れたのは入学後、iPadが初めてだった。Keynote(プレゼンテーション作成ソフト)を使ったアニメーション制作などを楽しんでいるうちに、「気づいたらクラスで一番iPadに詳しくなっていた」と言う。また、先輩の背中を追う小沼さんも、きっかけは両親のiPadだった。遊び感覚で使用するうちにもっと詳しくなりたいと興味が深まり、生徒に一人一台iPadが与えられる広尾学園への進学を決めた。

期待に胸を膨らませて入学した広尾学園で待っていたのは、「すぐには教えてくれない先生たち」だった。わからないことがあって尋ねると、まず返ってくるのは「自分で考えみなさい。調べてみなさい」という返事。「先生が与えてくれるのは、答えではなくヒント。でも、自力で考え、調べてみてもわからないことについては、懇切丁寧に教えてくれる」と、4人は声をそろえる。自分で問題解決に取り組むからこそ、おもしろい。これぞ、学びの醍醐味だ。


広尾学園ICT

サポートデスクや3Dプリンターの講座で他の生徒に教える際には、この先生の指導のスタンスを踏襲している。「不具合を僕らが直すのではなく、いっしょに解決策を考えていくようにしています。そうしないと、次に同じ状況に陥ったときに、自力で解決できませんから」と渡辺くん。今や、先生顔負けの立派な指導者だ。


広尾学園ICT

彼らの活動は、学内に留まらない。牧田くんはファブラボ鎌倉(※)が主催する18歳以下の生徒向け講座に参加しており、そのつながりで他のメンバーも公開イベントなどに積極的に参加している。まさに、広尾学園を飛び出し、社会とつながる活動へと発展しているのだ。そんな彼らの夢は、地域に開かれた“ファブラボ広尾”をつくること。越えるべきハードルは多いと言うが、彼らならそれも、楽しみながら越えてしまいそうだ。

(※)ファブラボ鎌倉…日本でつくばとともに最初に誕生したファブラボ。21世紀型の学習環境を創造することにも取り組んでいる。


広尾学園ICT



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】