学校ニュース・お知らせ

このコーナーでは、⼊試⽅法の変更点やオリジナリティのある学科・コースなどの学校情報を掲載しています。

教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基にしています。

学校ニュース・お知らせ

筑波大学附属駒場高等学校
■災害・地震対策
・防災、避難訓練実施 ・耐震構造 ・救命救急訓練 ・Jアラート等受信可<2019/03/01掲載>


東京学芸大学附属高等学校
■災害・地震対策
校舎の耐震性のチェックなど基本的な対策はとっています。<2019/03/01掲載>


木更津工業高等専門学校
■災害・地震対策
全ての建物は耐震基準を満たしています。また、防災備蓄倉庫があり、毎年更新しています。<2019/03/01掲載>


武蔵高等学校
■災害・地震対策
・緊急対応リーフレットの配布、防災訓練の実施、耐震検査の実施 ・食料の備蓄、緊急メール一斉配信システムの利用<2019/03/01掲載>


愛国高等学校
■災害・地震対策
・様々な設定での避難訓練を年3~4回行っている。 ・飲料、食料、簡易トイレ、毛布など備蓄。 ・地区別に分かれて避難方法の確認。 ・緊急地震速報装置完備<2019/03/01掲載>


足立学園高等学校
■災害・地震対策
年2回の防災訓練を実施している。教職員による自衛消防隊は毎年訓練審査会に出場し、生徒の自衛少年消防隊は年間を通して計画的に訓練している。<2019/03/01掲載>


安部学院高等学校
■災害・地震対策
生徒の安全を第一に考えている。災害、地震等の規模に応じて細かく対策を考えている。<2019/03/01掲載>


岩倉高等学校
■災害・地震対策
・防災訓練の実施 ・非常食の備蓄<2019/03/01掲載>


桜美林高等学校
■災害・地震対策
・災害時対応マニュアルの作成 ・防災訓練の実施 ・被災地の方などを招いての講演など<2019/03/01掲載>


開成高等学校
■災害・地震対策
・防災マニュアル作成 ・防災訓練実施<2019/03/01掲載>


川村高等学校
■災害・地震対策
・防災教育の推進(災害時に生徒が主体的に行動できるよう中高6年間を見通した系統的・体系的な指導を進めている。) ・避難訓練の充実、緊急事態における適切な行動と判断能力が身につけられるよう火災、地震、不審者対応等、状況に応じた訓練を8回程度行っている。 ・レスキューポーチを携帯している。 ・情報収集、伝達システムの確立(緊急事態発生時など、一斉メールの配信を行っています。) ・登下校時の安全確保(交通機関の混乱状況に応じて中高生が縦割り、方面別で通学班を構成し、集団で登下校を行っている。)<2019/03/01掲載>


関東国際高等学校
■災害・地震対策
定期的に避難訓練を実施。<2019/03/01掲載>


関東第一高等学校
■災害・地震対策
・年に一度、全校生徒を対象とした避難訓練を実施。 ・全生徒が3日間生活できる備蓄品を用意。<2019/03/01掲載>


共栄学園高等学校
■災害・地震対策
年3回避難訓練実施、飲料水・非常食・医薬品等を常備、緊急時保護者一斉メール<2019/03/01掲載>


共立女子第二高等学校
■災害・地震対策
全校生徒と教職員が3日間しのぐことができる備蓄があります。<2019/03/01掲載>


1 2 3



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】