清水章弘先生の受験生活お悩み相談室

2014-07-16日常学習

pdf 印刷用のPDFはこちら

質問

もうすぐ夏休みです。高校受験を控えた中3生の夏休みの過ごし方についてアドバイスをください。

回答

夏休みは「冬休み」とセット。冬にすべき勉強の準備をしましょう



皆さん、こんにちは。清水章弘です。
ジメジメした梅雨ももうすぐ終わり、本格的に暑くなりますね。
この時期は中3生だけでなく、中学受験生の小6生、大学受験生の高3生を含めたすべての受験生が「焦り」もしくは「憂鬱さ」を感じておられるのではないでしょうか。

イヤでしかたなかった中学受験の夏…。


振り返ってみると、私の小6生の夏も憂鬱でした。それは夏休みに入る直前のこと。1学期最後の音楽の授業で童謡・唱歌の『夏の思い出』を習いました。皆さんおなじみの有名な歌詞と、挿絵の夏の写真を見ながら、「とうとう受験生の夏が来てしまったのか…」と焦ったのを覚えています。中学受験のときは勉強が大嫌いだったので、最近になっても『夏の思い出』が流れると、あの夏がよみがえります。僕にとって毎年「夏が来れば思い出す」のは、残念ながら子ども時代のイヤな思い出のようです。

さて、今回は、高校受験生の夏休みの過ごし方についてのご質問です。夏休みは「長い」というイメージがある人も多いと思いますが、大切に活用しないと一瞬で過ぎ去ってしまいます。夏休みには「魔物が棲んでいる」のかもしれません。
夏休みが終わったときに、「もう2学期か…!」「不完全燃焼で終わってしまったな…」とならないように、目的意識をもって1日1日を丁寧に過ごしてください。
それでは、夏休みを過ごす上でのポイントを、これから生活面と勉強面に分けてお話しましょう。

生活の「3点」を固定してみよう!


まず、生活面で徹底してほしいことは、生活のリズムを整えることです。休みの日は時間がたっぷりあります。それゆえに、だれもがダラダラしがちになってしまいます。

リズムを整えるためにはルールを決めるのがよいでしょう。知り合いの中学校の先生が「3点固定」という話をしておられました。3点とは、「起きる時間」「寝る時間」「帰宅する時間」です。「起きる時間」と「寝る時間」はよく聞く話ですが、「帰宅する時間」も固定するのは面白いと感じました。塾に通っている人、図書館で勉強する人、ときどきは遊ぶ予定を入れている人もいると思います。帰宅する時間も固定することで、寄り道をしたり、遊び過ぎてしまったりすることを防げるはずです。

生活の「3点」は、カレンダーに記録として残しておきましょう。寝坊してしまった日、夜更かししてしまった日、帰宅が遅くなってしまった日が、ときどきあるのは当たり前。人間ですから。でも、それが続いてしまっては受験生の夏としては失敗です。そうならないためにも、自分の生活を「見える化」していきましょう。

夏休みは「冬休みの準備」!


次は勉強面です。夏休みは「冬休み」とセットで考えるようにしましょう。どういうことかといいますと、夏は全範囲をひと通り解き、苦手分野を「明らかにする」、そして冬に苦手分野を「完全に克服する」というのがひとつのセオリーだからです。

夏休みも大切ですが、入試直前の冬休みはさらに大切です。その時期にやるべきことの準備を、夏にしておくのです。

英語と数学を例に挙げ、ご説明しましょう。

英語は、「語い(単語・語法・熟語)」「文法」「英作文」「長文」「リスニング」の5つに分かれます。このうち、夏には「語い」「文法」をひと通り解いてください。
語いは、すでにいま使っている単語帳があれば、完璧ではなくとも1周してください。その際に覚えにくい単語には印をつけておきましょう。それらは2学期や冬休みに覚えきります。
文法でいえば、中3生ですと「現在完了」が終わったあたりかと思います。習った範囲までで構いませんので、持っている文法問題集をひと通り解き直してください。

次は数学です。数学は得意不得意を単元別に分析しやすい教科です。問題集を1周してもらいたいのですが、1冊まるごと終わらせるのが難しいという人もいるはずです。その場合は、まずは基本問題だけ解いてしまいましょう。その際、間違えた問題や苦手に感じた単元には忘れずに印をつけておきましょう。
また、計算に自信がない人も多いと思います。そういう人は計算力が高まる問題集を毎日10~20分ずつ解いてみてください。数学が苦手な人は『小河式プリント 中学数学基礎篇』(文藝春秋)、『とってもやさしい数学 中学3年』(旺文社)。得意な人は『高校への数学 レベルアップ演習』(東京出版)、『中学総合的研究 数学 三訂版』(旺文社)。都立・私立の最難関校を目指す人は『高校入試1対1の数式演習』や『高校入試1対1の図形演習』(ともに東京出版)で問題を解きながら計算力を高めるのがオススメです。


いかがでしたか?
少しでも夏休みを充実させてほしいと思って書きました。参考にしていただけたら幸いです。また、「苦手分野は冬休みに克服する」と書きましたが、時間に余裕がある人は夏休み中に克服してくださいね。前倒しで進めることは、第1志望突破するのに重要ですよ。



親のできること




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

清水章弘-2011年に東京大学教育学部を卒業し、東京大学大学院教育研究科に進学。2008年に、学習塾プラスティーを立ち上げた若き起業家としても注目されている。これまでに6冊の本を出版し、中学生・高校生に「勉強のやり方」を伝えている。著書に『中学生からの勉強のやり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や『現役東大生が教える! 頭がよくなる7つの習慣』(PHP文庫)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校のSNSはチェックしますか?【保護者に質問】