清水章弘先生の受験生活お悩み相談室

2014-08-15入試対策

pdf 印刷用のPDFはこちら

質問

学校説明会やオープンスクールには参加したほうがよいのでしょうか。また、参加する際の注意点などがあればアドバイスをお願いいたします。

回答

ぜひとも参加してください。また、当日までに「自分が高校に求めるもの」を明らかにしておきましょう



気がつけば連載も12回になりました。ちょうど1年ということですね!
この連載を書くのはいつも楽しみで、手があいたときは「今月は何を書こうかなぁ」と考えています。今月の記事は、青森に向かう新幹線の車内で書いています。好きな音楽(今日はB'zです)を聴きながら、到着までの3時間、静かにペンを走らせていますが、とても楽しいです。
読者の皆さんがいてくださるおかげで、こうやって1年も続けることができました。いつも本当にありがとうございます。

志望校は足を運んで決めよう


さて、今回は学校説明会やオープンスクールに関しての質問ですね。
まず、参加するほうがよいかどうかですが、結論は決まっています。
必ず行ってください。

学校説明会やオープンスクールに参加するメリットは2つあります。
1つ目は、勉強のやる気が出ること。
「きれいな講堂だなぁ…」「かわいい制服だな…」
学校見学をしていると、そこに通っている自分を想像し、次のステージが垣間見えてくるはずです。
「あの先輩かっこいいな、来年もいるのかな」なんて思える人を見つけたら、合格に向けてさらに勉強のやる気が出てくるかもしれません。

2つ目は、リアルな情報が得られること。
最近知ってビックリしたことがあるのですが、学校のホームページ(以下HP)を見て学校を選んでいる人がいるとのこと。よほどの事情がない限り、基本的にはやめましょう。
公立の学校では、学校の先生がHPを作ることも多くありますが、私立学校は専門の業者に委託しているところが増えています。プロのカメラマンが撮影し、何百枚も撮った画像の中からベストショットを選び抜き、プロのWebデザイナーがデザインを何通りも出して会議を重ねます。
ですから、HPはその学校が「よく見える」ようにできているのです。
進学を決めてから「あれ?なんかHPで見ていたのと違うぞ?」と思わないためにも、学校に足を運んでから決めるようにしてください。

どんな高校生活を送りたいですか?


学校説明会やオープンスクールに参加する必要性は理解してもらえたでしょうか。
では、次に、参加するにあたっての注意点をお話ししたいと思います。

まず、実際に参加する前にやっておいてほしいことがあります。
それは、「自分が高校に何を求めるか」を明らかにしておくことです。
部活に打ち込みたいのか、大学受験に向けてバリバリ勉強していきたいのか、放課後をエンジョイしたいのか等…。
自分が高校に求めるものをある程度考えてから行くと、当日のチェックポイントが決まってくるのです。

部活に打ち込みたい人は、グラウンドを見たり、部室を覗いたりするとよいでしょう。
勉強をバリバリしたい人は、図書室など授業後に自習できるところを見てみましょう。
放課後をエンジョイしたい人は、学校の周りの環境をチェックしてみるのもよいかもしれません。

また、学校説明会やオープンスクールでは、その学校の先生や生徒に質問や相談をできるようになっていることが多いので、上記のチェックポイントの中で自分の目でチェックしきれなかった部分は、当日先生に聞いてみましょう。
そして、廊下や教室の掲示物をよく見るようにすることもオススメします。こうすることで4月からの学校生活がより具体的にイメージできるはずです。

高校生活は大切!だからこそ志望校選びは慎重に!!


この前、一緒にご飯を食べていた友人がこんなことを言っていました。
「高校時代がいちばん楽しかった」と。
僕は人生で今がいちばん楽しいですが(おめでたい人間ですね!)、高校時代がいちばん楽しかったと振り返る人がいるのも事実です。
何かひとつを選ぶということは、他の全てを捨てるということ。皆さんはひとつの高校にしか通うことはできません。
部活や遊び、勉強、どれも手を抜かずに最高の高校生活を過ごしてもらいたいので、ぜひとも学校説明会やオープンスクールに参加して、実際に見て、自分に合った高校を探してみてください。



「志望校は決まったけれど、勉強のやり方がわからない!」という人は過去の記事を参考にしてみてください。

もうすぐ夏休みです。高校受験を控えた中学3年生の夏休みの過ごし方についてアドバイスをください。
定期テストの成績が安定せず、悩んでいます。どうしたらよいでしょうか。
定期テストの成績はいいのですが、模試はよくありません。模試の成績を上げるにはどうしたらよいでしょうか。

学校説明会やオープンスクール




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

清水章弘-2011年に東京大学教育学部を卒業し、東京大学大学院教育研究科に進学。2008年に、学習塾プラスティーを立ち上げた若き起業家としても注目されている。これまでに6冊の本を出版し、中学生・高校生に「勉強のやり方」を伝えている。著書に『中学生からの勉強のやり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や『現役東大生が教える! 頭がよくなる7つの習慣』(PHP文庫)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】