清水章弘先生の受験生活お悩み相談室

2013-10-16模試・定期テスト

pdf 印刷用のPDFはこちら

質問

定期テストの成績はいいのですが、模試はよくありません。
模試の成績を上げるにはどうしたらよいでしょうか。

回答

模試には模試の勉強法あり。適切な対策をしていきましょう。



皆さん、こんにちは!「勉強のやり方」を教える塾、プラスティー代表の清水章弘です。
今月のテーマは「模試」に関するお悩みです。

学校の定期テストでは点数が取れても、模試では取れない…。そういう悩みを抱えている受験生は多くいます。模試の成績が悪いと、「僕はダメなんじゃないか」「私は合格できないんじゃないか」と不安になってしまいますよね。今日は皆さんに、定期テストと模試の違い、そして模試への対策方法をお教えします。

定期テストと模試の違いって何?


まず、定期テストと模試には大きく分けて2つの違いがあります。

1つ目は、「範囲の広さ」が違います。
定期テストでは「最近授業で扱われた単元」が出題されます。その一方で、模試は「かつて授業で扱われた単元」も出題されます。かつて習った単元のうち、しっかり理解できていないところは理解するところからはじめなければなりませんし、理解できている単元であったとしても、忘れているはずなので、思い出すことをしなければなりません。

2つ目は、「問題の質」が違います。
定期テストは授業をしている先生が作成するため、授業で習ったことや指定問題集から、ほとんどそのまま出題されます。何回か定期テストを受けていれば、「この先生はこういう問題をつくるんだよな」と出題される角度が読めるようになります。その一方で、模試は別の人が作成するため、出題される角度が変わってきます。野球部でたとえていえば、同じチームのピッチャーに慣れて打てるようになっても、試合になって敵チームのピッチャーから打てるとは限らないのと同じです。

模試でイイ点が取れる毎日の勉強法は?


上記の2つの違いを頭に入れた上で、適切な模試対策をしていきましょう。
すべきことは大きく分けて3つあります。

1つ目は、過去のノートや問題集を復習してから模試を受けることです。
模試は範囲が広いため、「対策しても仕方ない」と思って対策しない人がいますが、それはもったいないことです。模試はよい復習の機会として活用しましょう。模試を受ける場合、2週間前から対策をはじめてください。範囲は広くても決まっていることが多いので、まずその範囲を確認します。そのなかで優先順位をつけ、ノートの復習、問題集の解き直しをします。問題集は何冊も手を出してはならず、1冊に絞ってそれを完璧にしましょう。あれこれ手を出すと、結局時間が足りず、限られた単元の復習で終わってしまうからです。

2つ目は、受験を意識しながら定期テストの勉強をすることです。
これは普段の勉強ですね。学校の定期テストは、受ける側(学生)としてはとにかく点数を上げることだけにこだわってしまいます。点数にこだわることはよいことだと思いますが、それだけにこだわってはいけません。たとえば、先生によっては「この答えを丸暗記してしまえばよい点が取れる」という場合もあるかもしれません。漢字の勉強でいえば、本文中の単語がカタカナになっていて、それを漢字で書かせる問題があると思います。定期テスト対策では、それをできるようにすればよいでしょう。しかし、受験でその単語が出るとは限りません。単語を構成する漢字の「別の読み」や「別の熟語」を調べ、一緒に覚えてしまうのがよいのです。『小・中学総合的研究』シリーズ(旺文社)などの受験用の参考書を手元に置いて、習っている単元が受験用参考書ではどう説明されているのかを学ぶのも有効でしょう。

3つ目は、模試を受けたら当日に復習をするということです。解説を読んで解き直すだけではなく、定期テスト対策だけでは解けない部分を見つけることが大切です。模試で出題された単元が学校の授業でどのように解説されていたのか、ノートや教科書を開いて確認してみましょう。学校の授業や教科書を中心とした学習だけではどこの部分が足りていないのかを、チェックしてみるのです。普段の勉強だけでは足りない部分が見えてくれば、「受験を意識しながら定期テストの勉強をする」というのがさらにイメージしやすくなるはずです。その足りない部分の学習を、普段の勉強に取り入れていけばいいのです。




いかがでしたでしょうか。
定期テストと模試の違いを理解し、模試の成績アップにつながる対策をしていきましょう!





模試




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

清水章弘-2011年に東京大学教育学部を卒業し、東京大学大学院教育研究科に進学。2008年に、学習塾プラスティーを立ち上げた若き起業家としても注目されている。これまでに6冊の本を出版し、中学生・高校生に「勉強のやり方」を伝えている。著書に『中学生からの勉強のやり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や『現役東大生が教える! 頭がよくなる7つの習慣』(PHP文庫)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

英語入試についてどうお考えですか?【保護者に質問】