2015-02-24

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★ 地球と宇宙編〈変化する大地〉火山はどのようにしてふん火するのか知ろう

下の図は,火山の形を特徴(とくちょう)がわかるように示したものです。これらの中から,①三原山,②普賢岳に当てはまるものを1つずつ選びなさい。  (光塩女子学院中等科

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(85ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

① イ ② ア

解説

アは斜面が急なよう岩ドームで,マグマのねばり気が大きい場合にできる。代表的な火山は,雲仙普賢岳や昭和新山。
イは斜面がゆるやかなたて状火山で,マグマのねばり気が小さい場合にできる。代表的な火山は,三原山。
ウはアとイの中間で,代表的な火山は桜島。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】