2016-09-13

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★ 植物編〈種子のつくり〉 植物の一生の始まり=種子のつくりを知ろう

下の図は,カキの種子とインゲンマメの種子を模式的に描いたものです。これについて,次の問いに答えなさい。  (神奈川大学附属中学校

img_seikai2_t

(1)図のは何ですか。その名前を漢字で書きなさい。

(2) これらの種子の中にある養分は何ですか。その名前を書きなさい。

(3) それぞれの種子を2つに切り,ある溶液をつけてようすを見ました。その結果,切断面の色が変わりました。
 ① ある溶液は何ですか。その名前を書きなさい。
 ② 色は何色に変わりましたか。次のア~オから選び,記号で答えなさい。
  赤色
  だいだい色
  黄色
  緑色
  青むらさき色

(4) カキのはインゲンマメではどこにあたりますか。図のア~オから選び,記号で答えなさい。

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(39ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1) 子葉
(2) でんぷん
(3) ①ヨウ素液 ② オ
(4) エ

解説

(1) カキの種子にははい乳がある。A ははいの一部で,発芽して子葉になる。
(2) カキの種子のはい乳やインゲンマメの種子の子葉には,発芽のための養分としてでんぷんがたくわえられている。
(3) ヨウ素液をつけて青むらさき色になったら,でんぷんがある。
(4) インゲンマメの種子のは幼芽,ははいじく,は幼根である。また,は子葉,は種皮である。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】