2016-12-20

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★★ エネルギー編〈力のはたらき〉 ふりこが1往復する時間は何で決まるか知ろう

100g のおもりにいろいろな長さの糸をつけ,ふりこをつくりました。このふりこの糸の長さとふりこが1往復するのにかかる時間(ふりこの周期)の関係を調べたところ,下の表のようになりました。(京都女子中学校)

img_seikai2_t

(1)ふりこの周期を4.0 秒にするには,糸の長さを何cm にすればよいですか。
(2) おもりを200g のものに変え,糸の長さを100cm にすると,ふりこの周期は何秒になりますか。

img_seikai2_t

(3) ふりこが右から左へ1回ふれる間の運動をストロボスコープを使って写真に撮影(さつえい)すると,どのようになりますか。上のア~ウから1つ選びなさい。ただし,ストロボスコープとは,短い時間間かくで規則的に点滅(てんめつ)する光で照らして,運動を観察する装置のことです。

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(105ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1)400
(2) 2.0(「2」でも正解)
(3) ウ

解説

(1) 表から, 糸の長さが25cm から100cm,すなわち4 倍になると,ふりこの周期は1.0秒から2.0 秒,すなわち2 倍になることが読みとれる。周期を4.0 秒(2.0秒の2 倍)にするには,糸の長さを100cm の4 倍にすればよい。
(2)[つまづき注意]ふりこの周期は糸の長さだけで決まるから,おもりの重さを100g から200gに変えても,ふりこの周期は変化しない。
(3)低い位置にあるとき(ふれの中央あたりにあるとき)に速く運動するから,そのあたりで写真にうつったふりこの間かくが広くなる




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

塾以外に習い事をいくつしていますか?【受験生に質問】