2017-01-31

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★★ 地球と宇宙編〈変化する大地〉 地層はどのようにしてでき,どう変化するか知ろう

この50年間で,日本の砂浜の面積は年々減少しており,消滅が心配される砂浜が多数あります。砂浜は,川から運ばれる土砂のたい積や,海流に乗って運ばれた土砂がたい積してできます。(恵泉女学園中学校

img_seikai2_t

(1)海に運ばれた土砂は,つぶの大きさによってしずむ速さがちがうために,たい積する場所が異なります。図1は,河口を真上から見たときの,土砂のたい積したようすです。正しいものをア~エから1つ選びなさい。

(2)砂浜は波にけずられて図2のようにせまくなります。砂浜がせまくなっていくと,図2の場所の土砂のつぶの大きさは,どうなりますか。次のア~ウから選びなさい。
大きくなる。  小さくなる。  変わらない。

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(83ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1) ウ
(2) イ

解説

(1)土砂はつぶの大きなものほどたい積しやすい。そのため,河口の近くから遠くにいくにつれて,たい積物のつぶが小さくなる。
(2)【つまずき注意】砂浜がせまくなると,場所は河口から遠くなるので,たい積物のつぶが小さくなる。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

英語入試についてどうお考えですか?【保護者に質問】