2012-05-29

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★★ 〈ものの燃え方と空気〉ものの燃え方

次の実験について,あとの問いに答えなさい。  (お茶の水女子大学附属中学校

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる

実験1 図1のように,火のついたろうそくにガラスのつつとふたをかぶせたところ,しばらくしてろうそくの火が消えた。

実験2 そこで,図2のように,火のついたろうそくに,下にあながあいているつつをかぶせ,ふたをかぶせなかったところ,ろうそくは燃え続けた。

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる
(1) 実験1で,ろうそくの火が消えたあと,つつの中の空気の酸素,二酸化炭素,ちっ素の割合は,もとの空気と比べて,それぞれどのように変化していると考えられますか。表のア~オから選びなさい。

(2) 実験2で,ろうそくが燃え続けているとき,空気はどのように流れていると考えられますか。右のア~エから選びなさい。


中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(125ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1) エ

(2) イ

解説

(1) ろうそくが燃えるときには,酸素が使われ,二酸化炭素ができるから,酸素が減り,二酸化炭素がふえる。
【つまずき注意】ちっ素は,ものが燃えても変化しない。

(2) ろうそくが燃えると,ほのおの近くの空気の温度が上がるので,対流が起こる。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】