2012-07-03

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[社会・地理編] でる度⇒ ★★ 日本の運輸・貿易 日本の輸出入品と貿易相手国をおさえよう

次のグラフは,日本の輸出品の移り変わりを示したものです。A~Cにあてはまる輸出品の組み合わせを,表中のア~カから1つ選び,記号で答えなさい。  (開成中学校

日本の輸出品の移り変わりを示したグラフ

中学入試 社会のまちがえるところがすっきりわかる』(43ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

解説

1934 ~ 36年平均で第1位のAは綿織物や生糸などのせんい品,2008年で第1位のBは電気機器などの機械類と考えられる。残ったCは鉄鋼である。日本の輸出品は,軽工業製品から重化学工業製品に変わってきた。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

英語入試についてどうお考えですか?【保護者に質問】