2012-08-14

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[社会 政治・国際編] でる度⇒ ★★★ 日本の政治 基本的人権の尊重

次の1 ~ 8の事がらと最も関係の深い権利はどれですか。下のア~カからそれぞれ選び,記号で答えなさい。  (跡見学園中学校

1 参議院議員選挙の投票に出かける。
2 国が持っている情報の公開を求める。
3 勤めている会社で労働組合に入る。
4 貸したお金を返してくれないので,裁判を起こす。
5 私生活を勝手に公開されない。
6 好きな勉強や研究をして,その成果を発表する。
7 就職や職場での男女間の差別は認められない。
8 公立の小学校に通学している。

 自由権    平等権    社会権    参政権    請求(せいきゅう)権    新しい人権

中学入試 社会のまちがえるところがすっきりわかる』(137ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

1 エ  2 カ  3 ウ  4 オ   5 カ  6 ア  7 イ  8 ウ

解説

1選挙権のことなので,参政権に含まれる。
2 知る権利のことなので,新しい人権である。
3 労働組合に入る権利は団結権なので,社会権に含まれる。
4 裁判(さいばん)を起こす権利は請求(せいきゅう)権に含まれる。
5 プライバシーの権利なので,新しい人権である。
6 精神の自由のうちの学問の自由なので,自由権である。
7 両性の本質的平等のことなので,平等権である。
8 教育を受ける権利のことなので,社会権である。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】