2013-07-23

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[社会・地理編] でる度⇒ ★★ 地図の見方 地形図の読み取り 地形図のきまりと読み取り方をおさえよう

次の地形図は,山梨(やまなし)県の,ももやぶどうの生産がさかんな地域のものです。      (國學院大學久我山中学校

中学入試 社会のまちがえるところがすっきりわかる
(1) ももやぶどうが生産されている地域は,どのような地図記号であらわされていますか。地図記号を書きなさい。

(2) (1) で解答した地図記号が多くみられる,地形図中央部にある地形を何といいますか。また,その地形はどのような特徴を持っていますか。説明しなさい。





中学入試 社会のまちがえるところがすっきりわかる』(63ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1)

中学入試 社会のまちがえるところがすっきりわかる

(2)(例) 扇状地(せんじょうち)といい,中央部に大きい粒(つぶ)の土砂(どしゃ)が多く,水もちが悪い。

解説

(1) ぶどう,ももがヒントである。
(2) 大きい粒(つぶ)の土砂(どしゃ)は水をよく通すので,水がたまりにくい。そのため,水田として利用するのはむずかしい。しかし,水はけがよいので,果樹園には適している。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】