2013-09-10

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★ エネルギー編〈力のはたらき〉 輪軸とかっ車 輪軸とかっ車はどんなはたらきをするか知ろう

次の図は,てこや輪軸を表したものです。それぞれXをいくらにするとつり合いますか。ただし,てこや輪軸の重さは考えないものとします。  (相模女子大学中学部

img_seikai2_t

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(103ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1) 30
(2) 35

解説

(2)【つまづき注意】てこを右にかたむけるはたらきは,20× 10 + 20 × 30 + 20 × 50 =1800 である。左のうでの120kgのおもりがてこを左にかたむけるはたらきは120 × 10= 1200 だから,1800 - 1200 = 600の左にかたむけるはたらきを,重さX kg のおもりがすればよい。X= 600 ÷ 20 = 30 となる。

(2) 図には直径が示されているが,半径を使って計算する。輪軸を右に回すはたらきは,10×10 + 20 × 30 = 700。重さX kg のおもりで,輪軸を左に回すはたらきがこの値(700)になるはずだから,X= 700 ÷ 20 = 35 となる。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】