2013-10-01

まちがえるところがすっきりわかる特集
入試問題にチャレンジ!


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集です。中学入試対策では苦手分野を作らないことが大切です。この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
この「入試問題にチャレンジ」コーナーでは、毎週1回、実際の入試問題を本書から掲載します。ぜひ挑戦してください!受験生がまちがえやすい問題やポイントをもっと学習したい方は、本書をご購入ください。

[理科編] でる度⇒ ★★ エネルギー編〈光と音〉 とつレンズのはたらきと像のでき方を知ろう

光の屈折について,次の問いに答えなさい。  (鷗友学園女子中学校

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる
(1) 図1は,すりガラスにろうそくの像がはっきりとうつっているときに,ろうそくの先から出た光がとつレンズを通ってすりガラスに達するまでのようすを表そうとしたものです。図に,その光の道すじをかきなさい。ただし,作図に使った線は消さないで残しておきなさい。


(2) 図2のように,ろうそくととつレンズの間に「b」という文字を書いた板ガラスをおきました。次にすりガラスを動かして,すりガラスに像をはっきりとうつしました。
 この像をとつレンズの側から見たとき,どのように見えますか。ア~エから選びなさい。

中学入試 理科のまちがえるところがすっきりわかる 』(113ページ)から出題しました。本シリーズは「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」があります。

「中学入試 まちがえるところがすっきりわかる」シリーズ

答え・解説

答え

(1) (下の図)  (2) ウ

解説

img_kaisetsu

(1) 【つまづき注意】すりガラスにろうそくの像がはっきりとうつっているのだから,ろうそくの上のはしから出てとつレンズを通った光は,すべてすりガラスの同じ1点に集まっている。とつレンズの中心に入射した光はそのまま直進するので,この光がすりガラスに届く点を見つける。図1に矢印で示されている光も,この点に届く。

(2) 像は上下左右が逆になるので,すりガラスの裏側(図2に示されている「見る方向」の矢印の反対側)から見ると,エのようになっている。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】