2011-10-14

先進的な教育特集
~スーパーサイエンスハイスクール編 (3)~


志望校選択は人生の大きな岐路といっても過言ではありません。 志望校を選択する上で、教育カリキュラムはとても重要です。

長いようで短い3年間の高校生活。
本当に “面白い” と思えるような勉強が学校でできること、好きな科目や研究に出会えることはとても大切です。

パスナビでは、特色ある教育カリキュラムをテーマに連載をしています。

第3回目は、前回に続き理科・数学に特化した教育を行う「スーパーサイエンスハイスクール」の特集です。

横浜市立 横浜サイエンスフロンティア高校

(1)屋外実習室・在校生インタビュー
(2)サイエンス実験・在校生インタビュー
(3)展示・企画の数々

ftop

「先端科学技術の知識を活用して、世界で幅広く活躍する人間を育成する」


この教育理念を掲げて2009年に誕生した横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校(以下YSFH)。
スーパーアドバイザーには東京大学名誉教授であり理化学研究所研究顧問の和田昭允(わだ・あきよし)先生をはじめ、先端科学研究分野における優れた功績をおさめている先生方が就かれ、また研究機関、大学、企業が科学技術顧問として教育面について学校を支援しています。

数学・物理・化学・生物・地学などの理数系科目を系統的に学習するほか、「総合的な学習の時間」を活用した課題探究型の授業である1年次の「サイエンスリテラシーI」では、生命科学、ナノテク・材料、環境、情報通信の4分野の実験・実習を全員が体験します。2年次の「サイエンスリテラシーⅡ」では、各自が研究テーマを設定し、研究・発表をします。
平成22年度から平成26年度までの5年間、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールの指定を受け、平成23年度には「コアSSH」(※)に採択されています。


これまでの「横浜市内学区+市外上限30%」の枠が撤廃され、2012度入試より全県学区となります。2012年度には初めて卒業生が輩出される注目の学校です。

今日は、10月1日と2日に開催された同校の文化祭「蒼煌祭」の様子をレポートします。
最先端の学校の文化祭は、どんな企画や展示があるのでしょうか。在校生の生の声もお届けします。


300匹のウーパールーパー!カエルやイモリも生息する魅惑の部屋

屋外実習室には、なんと300匹以上のウーパールーパーが生息しています。

frontier2

ウーパールーパーは手足やエラ、尻尾などが欠損しても再生する能力が優れており、人間の再生医療に役立つ可能性がある注目の生物です。壁には、英語で書かれたウーパールーパーの研究発表(Axolotl's ability of Regeneration)が展示されていました。

frontier3

フグと同じ毒を持っているお腹が赤いアカハライモリ(左)のほか、アフリカツメガエル(左から2枚目)、ウミシダ(右から2枚目)、蛍の幼虫(右)、遺伝子が混ざらないように地域ごとに水槽を分けて生育しているメダカなど研究のために飼育している生物がたくさんいました。

■在校生インタビュー (1)■

frontier7

●理科調査研究部に所属しているKさん(1年生)●

-YSFHを選ばれた理由は何ですか。

中学生の頃から理科、特に「生物」が好きでした。中1のときにサイエンスフロンティア高校がテレビに出ていたのを見て志望しました。

-どんな授業が印象に残っていますか。

高1のときは、研究機関や大学、企業の研究者の方々がたくさん来校され、ご自身の苦労や心構えなどお話を聞いたことを覚えています。東京大学に行って実習したのも印象に残っています。アフリカツメガエルの卵の一部分を切りだす実験などしました。

-入学して約半年ですね。学校生活はいかがですか。

新しい体験ができて楽しいです。
この部活動で小学生と海に行って、カニや魚など生き物を採取しました。小学生とどう接したらよいか、どう教えたらよいかなど、体験を通じて学ぶことが多いです。

想像以上に勉強が大変です。毎日コツコツしないと授業に追いつきません。

-YSFHは2年生から研究テーマを決めると伺いました。何を研究される予定ですか。

小さい頃からファーブル昆虫記が好きで、家でもクワガタを飼っています。2年次からはクワガタやカビの研究をしようと思います。将来は昆虫を研究する学者になりたいです。

-受験生へのメッセージをお願いします。

勉強はコツコツすることで身に付くものです。中学時代も現在も感じています。これから受験される方は一気にまとめて勉強するのではなく、コツコツがんばってください。

スーパーサイエンスハイスクールとは

未来を担う科学技術系人材の育成をねらいとして、理数系教育の充実をはかる取り組みで平成14年度からはじまりました。
文部科学省が「スーパーサイエンスハイスクール(※以下SSH)」として、高校を5年間指定します。平成23年度現在、SSHの学校数は計145校あります。
SSHに指定された高校では、先進的な理数教育の実施、英語でのプレゼンテーション演習等による国際性を育成するための取り組み、大学等と連携してカリキュラム開発を行うなど、理科・数学教育を重点的に行い、科学技術に夢と希望を持つ創造性、独創性の豊かな人材育成に取り組んでいます。

(※)コアSSH…SSH指定校の理数系教育における中核としての機能の強化を図るため「コアSSH」を設け、SSH指定校に対して追加の支援を行う。

東京・神奈川・埼玉・千葉県 SSH採択校一覧

平成19年 埼玉
浦和第一女子高等学校
平成19年 東京
筑波大学附属駒場高等学校
平成19年 東京
科学技術高等学校
平成19年 東京
戸山高等学校
平成19年 東京
日比谷高等学校
平成19年 東京
東海大学付属高輪台高等学校
平成20年 東京
玉川学園高等部・中学部
平成21年 千葉
船橋高等学校
平成21年 千葉
市川学園市川高等学校
平成21年 神奈川
神奈川総合産業高等学校
平成22年 埼玉
春日部高等学校
平成22年 埼玉
早稲田大学本庄高等学院
平成22年 千葉
長生高等学校
平成22年 東京
東京工業大学附属科学技術高等学校
平成22年 神奈川
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
平成23年 埼玉
川越高等学校※
平成23年 埼玉
川越女子高等学校※
平成23年 埼玉
熊谷高等学校
平成23年 埼玉
不動岡高等学校
平成23年 千葉
柏高等学校
平成23年 東京
小石川中等教育学校※
平成23年 東京
早稲田大学高等学校※
平成23年 神奈川
西湘高等学校
平成23年 埼玉
川越高等学校
平成23年 埼玉
川越女子高等学校

※平成18年度指定で、平成23年度新規指定に採択された学校
(全国のSSH一覧校はこちら

1 2 3



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

一日の平均睡眠時間は?【受験生に質問】