2011-10-14

横浜市立 横浜サイエンスフロンティア高校

(1)屋外実習室・在校生インタビュー
(2)サイエンス実験・在校生インタビュー
(3)展示・企画の数々


サイエンスの面白さがつまった展示・企画の数々


frontier11

▲「宇宙工学部」…2010年夏にできた部活で、プログラミング、レゴロボ、ペットボトルロボットなどのグループに分かれて活動しています。当日は自作ゲームや自走ロボットがありました。


frontier13

▲「自然科学部」…校舎の屋上には養蜂場があり数万匹のハチを飼育しています。ハチの巣や蜜ろうキャンドル、採取したハチミツが展示されていました。

frontier14

▲現役のYSFH生が作成した来年度の入学者選抜学力検査の予想問題です。入学希望者は必須アイテム間違いなし?!解説もていねいに書かれていました。


frontier12

▲英語で書かれた生徒の研究ポスター。研究学会や国際会議に参加し、英語でプレゼンする機会が多いそうです。


frontier10

▲2万冊の本がある図書館。工学(電気工学・海洋工学・金属工学・化学工学など)や自然科学(生物学・数学・物理学・化学・天文学・地学など)の専門書がたくさんあります。常任スーパーアドバイザー和田先生が寄贈されたおよそ1,500冊の本も置いています。


frontier9

▲フライドポテトやたいやき、アイスクリーム、お団子など飲食店もたくさん出ていました。


(編集部より)


理科の実験や展示されていた研究発表ポスターについて質問をすると、目をキラキラさせながら説明してくれる在校生の姿が印象的でした。専門用語をなるべく使わずにわかりやすく説明してくれたので、文系の私でも身を乗り出して聞き入っていました。

専門の研究テーマを抱えながら大学の受験勉強準備もあるのは想像するだけで大変そうですが、将来にも役立つ学びができて、充実した高校生活を過ごせる学校だと感じました。


1 2 3



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】