2011-06-27

中学入試
算数図形のまちがえるところがすっきりわかる


まちがえるところがすっきりわかる」シリーズは中学入試に向けて勉強をはじめたみなさんが、つまずいたところをしっかり理解できるように作られた問題集 です。
6月23日、「算数文章題」「算数図形」「国語文章読解」「理科」「社会」5冊を同時に刊行しました。

中学入試対策では、苦手分野を作らないことが大切です。
この本では、入試の基礎となる問題を選び、受験生がまちがえやすいポイントを丁寧に解説しています。
今日は、「算数図形のまちがえるところがすっきりわかる」から本誌の一部(28ページ)を公開します。

~解答~

ステップ2 やってみよう!
① 60 ② 100 ③ 60 ④ 100 ⑤ 100

ステップ3 おさらいしよう!
30°

~解説~

折り返したことから,

OA= AD
円の半径は等しいことから,
OA= OD
三角形OADは正三角形なので,角OAD= 60°
三角形OACは三角形DACを折り返したものな
ので同じ三角形である。
よって,角アの大きさは,
角ア=60°÷ 2 = 30°



「中学入試 算数図形のまちがえるところがすっきりわかる」、ほかの問題にも挑戦してみよう!

<角度> 円の半径で二等辺三角形ができる (本誌18ページ)

誌面を大公開!画像をクリックしてください。



1 2 3



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?