免疫料理人の健康生活アドバイス

2011-11-02免疫力を高める食材

【さんま】 秋の味覚は栄養抜群!

秋と聞いて初めに思いつくものはなんですか?
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…
私は真っ先に食欲の秋、そして秋の食材として大好きな秋刀魚(さんま)が頭の中に浮かびます。

一番好きな魚はなんですか?と聞かれれば、マグロにブリにカワハギに…とたくさん挙がるのですが、この季節に家庭で手軽に食べられる秋刀魚が何よりも大好きです。
価格も手頃で家計にも優しく、さまざまな料理にも使えるので、毎日美味しく食べられます。

しかも、秋刀魚は栄養も抜群なんですよ。 秋刀魚には他の青魚同様、EPA*とDHA**といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。


*EPA(エイコサペンタエン酸)… 炭素が20個(エイコサ)で二重結合を5個(ペンタ)持つ脂肪酸です。
**DHA(ドコサヘキサエン酸)… 炭素が22個(ドコサ)で二重結合を6個(ヘキサ)持つ脂肪酸です。



EPAやDHAは抗酸化作用が高く、免疫を高める効果や血行を良くする効果を持っているので、生活習慣病予防に欠かせない栄養素です
血行を良くすることは健康の基本ですからね。
これらの不飽和脂肪酸は酸化に弱いため、酸化を防ぐビタミンCたっぷりのレモンすだちなどを絞って食べることが効果的です。

また、脂の載った秋刀魚はとても美味しいのですが、その脂が胃腸の消化を抑えてしまいます。
そこで、タンパク質分解酵素を含む大根おろしが胃腸の消化を助けてくれるので、秋刀魚の塩焼きには必ず大根おろしが付いているのです。

秋刀魚の栄養は不飽和脂肪酸だけでなく、血行促進を助けてくれるビタミンB2や粘膜の働きを助けてくれるビタミンAの一種であるレチノールなども豊富に含んでいます。
また、免疫力アップに欠かせない良質なタンパク質も摂ることができます。


 

秋刀魚はそのまま塩焼きにするもよし、刺身で食べるもよし、さまざまな料理にも相性よしと、献立作りにも助かりますよね。 秋の味覚、栄養たっぷりで美味しい秋刀魚を積極的に食べましょう!




▼さんまを使ったレシピはこちら 
さんまの炊き込みご飯さんまと梅肉のなめろう風カルパッチョさんまの味噌煮

 




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】