免疫料理人の健康生活アドバイス

2013-07-18免疫力を高める食材

【ベビーリーフ】栄養満点!野菜の詰め合わせ

近年、一般的になってきたベビーリーフについてご紹介したいと思います。
ベビーリーフは野菜の種類ではなく、数種類の野菜の若葉を一緒にしたものです。

ベビーリーフによく使われる野菜はデトロイトやカラシナ、ルッコラ、ほうれん草などで、色や見た目も違う数種類が使われています。
そのため、ベビーリーフを使うことにより、料理にはさまざまな葉っぱが入って、見た目もよくなります。

栄養価については、それぞれの野菜の若葉を摘んでいるため、栄養が詰まった状態の野菜を食べることができます。
レタスやキャベツなどと比べられることがありますが、ビタミン類、ミネラルなど野菜に含まれる主な栄養素は、ベビーリーフの方が数倍高くなっています

先にも述べましたが、ベビーリーフは野菜の種類ではないため、食材としてお薦めすることは難しいのですが、料理をする際にはとても役に立つ食材です。
メイン料理の付け合わせにもよく使われますし、ベビーリーフがサラダの中心になることも多いです。
いろいろな味のドレッシングとマッチします。
肉にも魚にも合いますので、どんな料理でも使えるメリットがあります。

次回はベビーリーフを使ったレシピをご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!



babyleaf"




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】