免疫料理人の健康生活アドバイス

2013-08-29免疫力を高める食材

【とうもろこし】栄養詰まったつぶつぶコーン

夏になると食べたくなる鮮やかな黄色い野菜といえば…?
そう、とうもろこしです。

とうもろこしは野菜のなかでは脂肪分が多く、カロリーの高い食材です。
しかし、その脂肪分はオリーブオイルなどと同様に不飽和脂肪酸です。
これらの脂肪酸は抗酸化作用が高く、免疫力を高めるために大切なもので、コレステロールを下げる効果も期待できます。
コーン油の原料にもなっているのもそのためです。

炭水化物も多く含み、身体のエネルギー補給にも役立ちます
さらにビタミンB群を豊富に含んでいて、エネルギー代謝も促進してくれるため、夏のエネルギー補給に最適です。

食物繊維やミネラルも多く、腸の働きを助けてくれる効果も期待できます
腸の環境と免疫力には深い関係があり、腸の働きがよくなることは、便通などだけでなく、免疫力を高めることにも効果的です。

とうもろこしは茹でたり、焼いたりしてそのまま食べても、調理してコーンスープなどにして食べても美味しいです。
赤ちゃんの離乳食にもなっているくらい、栄養の面でも、甘みを帯びた味わいの面でも、優れた食材と言えるでしょう。

私は小さいとき、おやつに食べる茹でたとうもろこしが大好きでした。
暑いなか、勉強で疲れた身体の栄養補給に、ぜひ1本いかがですか?



morokoshi




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】