免疫料理人の健康生活アドバイス

2011-06-01健康免疫相談室

梅雨到来…食中毒に気をつけましょう!

Q: 梅雨時期は食中毒が心配です。家庭でできる食中毒対策を教えてください。

梅雨に入り、湿度が高くジメジメした日々が続きます。

湿度が高いので私たちにとっては不快な状態になりますが、細菌にとってはとても育ちやすい季節となります。


O157に続き、生の牛肉から繁殖したO111やドイツで猛威を振るうO104などの大腸菌ブドウ球菌サルモネラ菌などの細菌による細菌性食中毒が食中毒の6割に及びます。






私が免疫学の研究をしていた時、実験に使用するために大腸菌をしばしば育てていました。
大腸菌を育てるときには、栄養の入った液体の中で気温を37度にして緩やかに揺らし続けます。
栄養の状況や菌の濃度にもよりますが、例えば大腸菌が30分で2倍に増殖するとして、10時間で100万倍にも増殖するのです。

細菌の種類によってもちろん増殖の仕方は違いますが、気温と湿度が高くなると増殖速度が速くなります
ほんの少しの菌であれば体内に入っても問題がなかったとしても、増えれば増えるほど、食中毒を起こす可能性が高くなるのです。

細菌は腸内で感染、または毒素を出すことで炎症を引き起こし、腹痛や嘔吐、下痢と言った症状を引き起こします。
同じ細菌が同じだけ体内に入ったとしても、食中毒になる人とそうでない人がいます。
これには腸の免疫力とも関係があると考えられています。
上記のように、はじめはほんの少しの菌だったとしても、時間が経つと想像以上に細菌は増殖します。

食中毒にならないために、以下のことに気をつけましょう。


生ものは生食用の新鮮なもののみ選ぶ
加熱処理をしっかりとする(菌を殺す)
細菌に打ち勝つために免疫力を高める


また、6月といえばスーパーなどでもたくさんの青梅が出てくる季節です。
梅に含まれるクエン酸は菌の増殖を抑える効果もある栄養素です。
梅干し作りや梅酒作りを楽しみながら、同時に梅肉を使った料理を作ることもお勧めです。

梅を使ったレシピはこちら! 梅肉とさんまのカルパッチョ鶏モモ肉の梅肉煮込み

※ 健康に関する疑問や悩みがあれば、下のコメントからお気軽に投稿ください。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】