免疫料理人の健康生活アドバイス

2011-12-28免疫料理人とは?

ぐっすり眠って新年に備えよう!

冬休みに入り、ついつい生活が不規則になりがちです。
夜遅くまで勉強する受験生もたくさんいると思います。
初詣に行くために、夜の寒い時間帯に外出する方も多いでしょう。

この季節は、気温が下がり空気も乾燥しているため、体調を崩しやすくなっています。
不規則な生活によってからだの免疫力が下がっていると、すぐに体調を崩してしまいます。
睡眠不足は免疫力を低下させる要因になるので、冬休みや年末年始だからといって不規則な生活をせず、気持ちよく眠って新年に臨みましょう。

睡眠が免疫にとても大切なことは以前の記事でもご紹介いたしました。 快眠する方法はさまざまありますが、今回は免疫料理人が実践している、簡単でぐっすり眠れる快眠法をご紹介します。

ポイントは、からだに「もう寝る時間なんだよ」と感じさせることです。

この表現だと抽象的ですが、以前の記事でもご紹介した通り、人間の身体はアクティブに動こうとする時間帯とゆっくりと休息を取ろうとする時間帯があります。
からだが温まって脳がリラックスした状態で、胃袋のような臓器があまり働いていない状態であれば、からだは休息へと誘われます。その状態を作ってあげる行動をすれば良いのです。
以下にそのステップをご紹介します。


-ご飯は睡眠の3時間前までに終えておく(食後は水のみ)

-湯船にお湯をはり、ゆっくりとお湯につかってからだを温める

-寝る前に軽いストレッチをして、筋肉をほぐしておく

-部屋を暗くして、しっかりと布団に包まり、目を閉じる

 

l_03.jpg

食後、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことで、自然とからだは休息へと向かい、快適な睡眠へと誘われます。 難しいことではないので、ぜひ試してみてください。
私はお風呂の時間が一番リラックスできて好きな時間です。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】