免疫料理人の健康生活アドバイス

2012-08-29免疫料理人とは?

連載100回記念特別インタビュー

toshi100-1

今回は『免疫料理人の健康生活アドバイス』の連載100回目を記念して、編集部が免疫料理研究家Toshiさんにインタビューをしました!


-「免疫料理人」は珍しい名称ですね。その由来を教えてください。

大学院からの免疫学の研究を通して、からだと免疫の面白さにのめり込みました。また、からだを作るものや守るものは、日々の生活や食事と深く関わっていることを知りました。日頃あまり意識できない“からだの免疫”と“食事”の関係を意識しながら料理をすることで、毎日を健康に過ごす助けになればと考えて「免疫料理人」というコンセプトを考えました。

-免疫料理人Toshiとして活動されてから、どのくらい経つのですか?

2010年の3月に免疫学と身近な生活を結び付ける講演を行ったときにスタートしました。その頃から、免疫を高めながら楽しく作れる美味しいレシピを発信するようになりました。

-Toshiさんは、普段はどのような生活を送られているのですか?

普段は医療関係の仕事をしています。免疫学の研究や医療関係の仕事を通じて、毎日のちょっとした習慣が私たちのからだを作っているんだと日々実感します。病気になったときや本当に困ったときは、薬などの医療がとても役に立ちます。しかし、健康なからだを維持するのは私たちの日常生活そのものです。そのため、日々の生活の中でからだを意識できるような情報を発信するために、免疫料理人の活動を続けています。

-ところで、料理のほかにToshiさんの趣味は何かありますか?

楽器を演奏することや、バスケットボールなど身体を動かすことが大好きです。最近はあまり時間がなく、どちらもできていないのが残念です……。

-最近、夢中になっていることはありますか?

近所のプールで泳ぐことがマイブームで、毎週しています。そんなにたくさんは泳げませんが、泳ぐことでからだも気分もスッキリします。また、泳いだ日の夜は睡眠の質も上がります!

-アクティブですね!話を戻しますが、免疫料理人のレシピの特徴を教えてください。

旬の食材を中心に使い、素材の味を十分に活かしたシンプルなレシピが特徴です。食材は旬の時期が一番栄養価が高く美味しく食べられますので、免疫力アップが期待できます。

-旬の食材がポイントなんですね。普段は、どのようにしてレシピを考えるのですか?

さきほどと似た回答になりますが、旬の食材の味を引き出し、かつシンプルに美味しくできる調理法を考えると、自然にレシピが浮かびます。

免疫力アップ簡単レシピコーナーに50以上のレシピを掲載していますが、Toshiさんイチオシのレシピを3つ挙げてください。

さんまと梅肉のなめろう風カルパッチョ」と、「レタスと焼豚の炊き込みご飯」、「新生姜とバジルのペペロンチーノ」です。
これらを選んだ理由は、素材の味をしっかりと楽しめつつも免疫力アップに役立つ栄養素を効率良く摂れる点です。そして、想像以上に美味しいので、ぜひ一度試していただきたいです。


100special


-これから免疫料理人としてどのような活動をされたいですか?

日々の生活を継続的にサポートできるようなレシピや、免疫力を高める栄養を効率的に摂れるレシピの組み合わせなど、単品のレシピだけではなく、まとまった形でサポートできる発信もしていきたいです。 これからもよろしくお願いします!

 




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】