免疫料理人の健康生活アドバイス

2012-11-28免疫料理人とは?

冬のごちそう「牡蠣」


先日、広島で牡蠣フライをいただきました。
身がとても大きくて、びっくりするくらい美味しい牡蠣フライでした。
やはり本場の牡蠣は素晴らしいですね。

牡蠣を食べられる季節は「R」と付く月だと言われています。
September(9月)、October(10月)、November(11月)、December(12月)、January(1月)、February(2月)、March(3月)、April(4月)

これ以外の季節、牡蠣は生殖のためにからだが変化するため美味しくありません。
すなわち秋から冬が旬の牡蠣、今がとても美味しい時期なのです。

牡蠣は美味しいだけでなく、栄養の宝庫です。
牡蠣にはビタミンA、B群、C、葉酸といったビタミン類や、亜鉛、鉄、銅などのミネラル類を豊富に含んでおり、そのタンパク質もとても良質です。
また、疲労回復に効果的なグリコーゲンも含まれています。
特に亜鉛のように他の食材では摂取しにくい栄養素を豊富に含んでいることがポイントです。
たくさんの栄養素が豊富なため、免疫力を高める効果も抜群です。

生での牡蠣はとても美味しいですが、食中毒も怖いですよね。
しっかり加熱したものでも栄養はたっぷり取れます。

これからの季節、牡蠣鍋、牡蠣の炊き込みご飯など、牡蠣を使った美味しいレシピが楽しみですね。

 


 

oyster




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

医学博士(免疫アレルギー学)で免疫料理研究家のToshiが免疫学の基礎をレクチャーします。さらに、家族が喜ぶ「美味しく」、「楽しく」、「健康に」をモットーにした、免疫力を高め、受験勉強や入試に打ち勝つレシピを掲載します。受験生のご家族必読!毎月1回更新予定です。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】